2016年04月18日月曜日
日経平均 16,275.95 前日比-572.08(-3.40%)

20160418.png

今日の下げは地震でなく原油の増産凍結による円高が原因らしい。今年は被災中も容赦がないのか。相変わらず凄い年だ。

死者こそ多いが12年前の新潟県中越沖地震と比べて建物への被害はかなり少ない。食料物資が行き渡ってないということで、こういう時こそドローンを使って栄養のあるスープでも投下してやればと思うが、そういうこと出来ないのが日本におけるドローン事情。もっとも自衛隊のヘリにドローンがバードシュートすると最悪なので、技術があっても勝手に飛ばして良い訳はなく、行政の指示で秩序的に行動する必要がある。

値上がり率1位の日本鋳鉄管(5612)?は耐震管を材料にストップ高。「水道管耐震化、九州遅れ」とのこと。地震に関しては当たってないところだったため、全国平均に比べて10%程度ほど進歩が遅れているらしい。

http://qbiz.jp/article/81114/1/

厚労省は水道施設の耐震化を進め、基幹管路の耐震適合率について「22年度末までに50%以上に引き上げる」との目標を掲げる。全国平均36%、熊本25%。九州3県25万戸断水…全面復旧の見通し立たずというニュースが流れた。「ああ、これは行政のカネで耐震付きの新品にしないとな。このような情けない事がないように、あと25%以上は買ってもらわないと」ということで買いが集まったようだ。

水処理といえばナガオカ(6239)?が値下がり1位。主幹事は日興で公募は1600円。上場1年もたたず公募から半値以下、たいしたリバもなし、売上高半減、利益10億円の下方修正とは悍ましい株だ。株式上場で上場ゴール以外の何がしたかったのか。新興不人気機械に拍車がかかるな。

ネポン(7985)?はコイン式シャワーから簡易水洗トイレの思惑で買われた。アベノミクス前まで東証二部の2桁のボロ株だったやつ。花月園観光、魚喜、天昇電気工業、パルステック工業、東洋刃物、理経、セキド、高砂鐵工、ラピーヌ、日本抵抗器製作所、堀田丸正とかと一緒に東証二部ボロ株祭りの出し物だった。仕手株と聞いたことがあるが、よく知らない。糞株必殺・株式統合した東洋刃物(5964)?ラピーヌ(8143)?のボロ株よりは、高値を保っているだけ良い株だ。

エルシーエーHDの八賢者の施行の叡智がつまった業務パッケージ、ハイアス・アンド・カンパニー(6192)?がストップ高。液状化対策のHySPEED工法に注目らしい。液状化って関西空港とか浦安とか大規模な埋立地だろ。熊本はそんな有力埋立地は今までもこれからも無いと思うが。そもそもだ。液状化対策とは関係ない現状報告の文で13時、年初来安値更新付近からストップ高なんてねーよ!

エル・シー・エーホールディングス(4798)のビジネスパッケージって反社が湧いてきて株芸やりつくして株価1円になって上場廃止になるぐらい酷かったので少し不安だな。なんとなく建設よりも会計や反社にやたら詳しそうなイメージだ。闇に抱かれることなく活躍して欲しかったが、ALBERT(3906)?と同じように組長の挨拶のようなもの好感してストップ高しているようでは闇堕ちは近いんじゃないか。

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65855415.html http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65824943.html

値上がり率のランキングはまるで国土強靭化法祭りが帰って来たような面子。なぜ橋梁なのかよくわからないが大地震やトンネル事故となると橋が好物で、日本橋梁(5912)やピーエス三菱(1871)?駒井ハルテック(5915)?宮地エンジニアリンググループ(3431)?などが全面高する。エスイー(3423)?はPC用の定着工法、福山コンサルタント(9608)?は本社が福岡にあったために物色のターゲットになったようだ。

地盤ネットホールディングス(6072)?土木管理総合試験所(6171)?日本基礎技術(1914)?は大地震にからむ地盤関係で上げたらしい。もう地盤ならなんでもいいやってことでサムシングホールディングス(1408)?もお買い上げ。ライト工業(1926)?は東日本大震災でも活躍した土木会社で、地震といえばここだなと言うことで買われたようだ。

ゼニス羽田ホールディングス(5289)?日本コンクリート工業(5269)?太平洋セメント(5233)?の大上げは「人からコンクリートへ」と言われた国土強靭化法を思い出すな。

隠されたバブル、マザーズ指数の快進撃が止まらない。日経がこんなに下げているのに8年来の高値を更新したようだ。情けない日経平均をよそ目にダウについていく。

おかしいのはどうしてマザーズが特段堅調なのか誰にも説明できないところだろう。全部上がって、利益率の悪い東証二部とマザーズだけ置いて行かれることはたびたびあったが、その逆はちょっと心当たりがない。

地味にJASDAQや東証一部でも中小型の一角に強いものが目立つ。高値更新133に対して安値更新は45。元気の良いものはプラテンしていて、空売りは日経平均の下げにも関わらず、あまり儲かっていないはず。

牽引銘柄はそーせいグループ(4565)?マザーズの時価総額と売買代金で1位となっている。そしてもう一つグリーンペプタイド(4594)?。テレビ神奈川、落胆売りから始まったのに10%以上も上げて引けてるし、もうよく分からん仕手株の動きだな。10倍になるか途中でポッキリ折れるかどっちかだろう。

マザーズの時価総額上位ではCYBERDYNE(7779)?も高値更新。これは2020年に向けた日本のロボットの発達ビジョンで買われているようだ。

スマホの携帯アクセサリー屋のHamee(3134)?(ハメー)がストップ高。越境ECらしいがあまりノウハウないはずでHameeComii?の可能性もなくはない。

サンバイオ(4592)?は下から3倍近くになって2000円を突破し一時公募を奪還。主幹事は野村で公募は2000円で公募割れだった。上場1年もたたず株価1/3ぐらいまで叩き売られていたことになる。公募組にとっては紐なしバンジージャンプを飛んだ悪夢にうなされていたようだな…

それにしても野村主幹事のIPOで異次元からの生還者が出たのは驚きに値する。さいきん野村が個人投資家に謎の優しさを放ちだし、野村沙知代がデヴィ夫人にまで若返ったような誰得の美しさを感じるな。黒柳徹子ぐらい大人しくなってくれないと困るけど。

フジコー(2405)?が大きく上げているがこれも震災関連銘柄。アミタホールディングス(2195)?タケエイ(2151)?と同じくがれき撤去。水道管耐震化は必要だが、今回の地震でがれき撤去が必要になるかは分からん。局地的にはひどいが、全体的な被害の規模はあまり大きくないらしい。


添付ファイル: file20160418.png [詳細]
[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS