2016年10月24日月曜日
日経平均 17,234.42 前日比+49.83(+0.29%)

値上がり率1位はヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(6090)?。名前がアレだよ。ヒューマン=人間、メタボリックシンドローム=内臓脂肪型肥満で『ニンゲン、デブ注意』。市場参加者の腹回りに警鐘を鳴らすために上場したのかと思ったら、メタボロームはメタボリックシンドロームの略称ではなく、生物実験サンプル内で見つかった低分子化学物質の総体を指す呼称らしい。

上げた材料は、アメリカ国立老化研究所とアルツハイマー病におけるバイオマーカー探索プロジェクトを開始」アルツハイマー病に関わる仕組みの解明、発症前に病気を発見するためのバイオマーカーを発見することなどを目的。前回はエムスリーとの提携の蒸し返し、世界で唯一、CE-MS(キャピラリー電気泳動-質量分析計)によるメタボローム受託解析を提供ということで上げた。

おれのじーさんはアルツハイマーで困ってるし、成功の暁にはノーベル賞も取れそうな立派な研究だと思うが、赤字慢性の新株発行で気薄化だけが進む糞バイオになるとぜったいに困るので、先が見えないものより早期の黒字化を目指してほしい感じだ。

ジーンテクノサイエンス(4584)?は、おれが損切りして3年も経つのに、その時に話題になった薬がまるで進歩・完成しない(臨床第1相にすら届いてない…)という新薬抗がん剤の赤字バイオ。今年、物好きノーリツ鋼機(7744)?がグループ傘下に入れた。今日の材料はペプチドリーム(4587)?グリーンペプタイド(4594)?の主幹事・みずほ証券が「買い」で新規カバレッジらしい。

大伸化学(4629)?は上方修正で上げた。原料ナフサ(粗製ガソリン)の価格低下を受け販売価格が当初予想を下回ったってのは原油安。新規需要の開拓により出荷数量が増加したため微増は理由がよくわからないけど、容器メーカーや部品メーカーによる国内品シフトの流れだとか日本経済新聞に書いてある。

マーキュリアインベストメント(7190)?はIPOで東証二部に上場した金融銘柄。主幹事は日興で公募は1450円で公募割れで始まったが出戻って高値更新となった。ストライク(6196)?と相性が良い株らしく交代で上がったようだ。

政府が2017年に水道法を改正するという決定で、日本鋳鉄管(5612)?前澤工業(6489)?水道機工(6403)?オリジナル設計(4642)?などが大幅高。企業の参入を促進させるらしいが、政府が仕事くれるのか? もう参入しているから参入障壁の高さが崩れて競争激化で逆に悪材料ということはないのか? 

水道関係はPBRが低い。不良在庫とか関係なくただの不人気機械。というか日本は飲水や下水の安全には困らないほど水道は設備されている。今あるもので間に合っていて人口が減っていくのだから、新興国に売るしかない。そうあってか水道機工(6403)?オルガノ(6368)?は海外に注力した。それから数年から10年ほどが経っている。

そういえば10年に1度の水不足、ほんとに10年に1度ならそろそろ仕込みどきだぞ。不人気水道でも世界的に報道される水不足さえくれば、2007年のオルガノ(6368)?テンバガーのような狂気はありえる。世界的に見て技術力が高い日本の水道技術が上がらないはずがない。来年の夏頃に買ってみると面白いかもな。

カジノ法案期待でテックファームホールディングス(3625)?日本金銭機械(6418)?などが上げたが材料出尽くしを控えた高値警戒感からか煮え切らない動きになっている。

エムケー精工(5906)?は減益予想が一転して増益となったためストップ高なのらしい。洗車の機械のメーカーらしく、政府助成金制度の効果により門型洗車機が順調に推移とか書いてあるな。

テクノスマート(6246)?が利益4倍近くの上方修正に驚いてストップ高。設計仕様のより一層の見直しや原価低減によるコストカットの影響らしい。

アドテック プラズマ テクノロジー(6668)?がついに倍になったが業績への評価らしい。バラスト水やロシア関連として評価されているとの声と、ウルフ村田の「※もちろん仕手化してます」という声がある。後者が大きいだろうな。

カネヨウ(3209)?は上場廃止基準かかる猶予期間に入ったとのIRだが、IRが提出できずに退場すると思われていたようで大幅高。レナウン(3606)?とかナイガイ(8013)?に近い古い仕手株なのだが、近年は仕手も飽きたような感じになっている。

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS