2017年02月13日月曜日
日経平均 19,459.15 前日比+80.22(+0.41%)

値上がり率1位はニッコウトラベル(9373)?。顧客の9割が60歳以上の海外シニア旅行。少し前の上髭は日光さる軍団で干支銘柄との声が一部であり酉年に移る過程で年末に買い上げられてしまったのかもしれないけど、特に興味もない。今日は三越伊勢丹のTOBでストップ高になった。

ミズホメディー(4595)?のストップ高は本決算の好感。分からないものだな。武田薬品と提携した妊娠検査、ミズホメディー、P-チェック、amazonでは今もずーっと、希望価格:¥ 1,296 価格:¥570 OFF:¥ 726 (56%)の叩き売り状態なのに、どこに出番があったのだろうか。と思い決算書を読んでみると、インフルエンザ検査薬が売上高の40%以上で、その他も感染症系の検査薬がよく売れたようだ。

リンクバル(6046)?は決算の業績好感と自社株買いでストップ高。映画好きな方を対象にした「映画コン」とアニメ好きを対象にした「アニコン」の人気が高いらしい。アニメ映画好きなら両方参加できるな。

ナビタス(6276)?は何故ストップ高まで上がっているのか謎だ。ものすごく閑散株で間近のIRは特損と下方修正と創業50周年配当の実施(2円50銭の増配)。トランプノミクスに逆行してなぜか下げ基調だったのを取り戻した感じだな。この株のルールでアク抜けということか。

名前が昭和の馬っぽいタカギセイコー(4242)?のストップ高は業績の上方修正。海外において車両およびOA分野の受注数量が増加したらしい。車両って新幹線のやつならテーマ株になるのだが、二輪車・四輪車・汎用車両用って書いてあるから違うみたいだな。

テクノクオーツ(5217)?ってジーエルサイエンス(7705)?の子会社が大きく上がっている。好業績の半導体銘柄のようだが、なぜ今日大きく上がったのかはよく分からない。この閑散で1000株単位なので買いづらい銘柄だと思うが…。アプライド・マテリアルズが主な販売先ということが上げた理由になにか関連するのだろうか。

厨房設備のフジマック(5965)?がストップ高したのは第三四半期短信の利益の伸び率が良かったことを好感したもの。徹底した原価低減が効いたそうだ。

変な日だよ。ファーストリテイリング(9983)?-100(-0.27%)、ファナック(6954)?-45(-0.20%)、ソフトバンクグループ(9984)?-133(-1.51%)、キーエンス(6861)?-310(-0.70%)、日経平均の中核を担うこの辺りが崩れているのに、日経平均自体は上げで値上がり銘柄は約2500だってさ。小型の地合いが良いのかと思えば、値下がり率100位が3.90%以上も下げてやがんの。

目立つのはFFRI(3692)?の一時ストップ高。営業利益が1.6億円の黒字に転換、セキュリティ・プロダクトの売り上げが前年同四半期比で91.5%増とかなりの伸びを示したようで、下期集中型の本決算に向けて期待が高まった。セキュリティの特需を彷彿としたのかアズジェント(4288)?ラック(3857)?など新興セキュリティ銘柄が大幅高。

DNAチップ研究所(2397)?はDNAの塩基配列を読み取りの次世代シーケンシング(NGS)システムで注目されて一時ストップ高。

去年は日本抗加齢医学会総会に出展とされてストップ高、リウマチの薬剤効果を判定する指標IRで大上げ、うつ病の病態に関与する複数の遺伝子とそれらの相互作用ネットワーク、オンコリスバイオファーマ(4588)?と共同研究契約でストップ高。毎度のように往って来いだけど、今回も相変わらず同じような感じの動きだな。

OATアグリオ(4979)?は日本農薬の一回り小さな会社。今日は上方修正で上がったようだ。上場3ヶ月で上場ゴールして国会で大和主幹事の責任を追求された銘柄だが、そろそろ呪いが溶けたと見ていいのではないかな。本決算を見るに経常利益が上場時の2倍以上に成長しているし、東証一部に昇格している。これはもう上場ゴールではないだろう。公募価格は4200円、今は2分割してあるから分割前の2846円、いつか公募価格を奪還できるといいな。

ユーグレナ(2931)?は ウェル・インベストメンツ・リサーチのガス欠の単細胞レポートから売り長でいじめられていた銘柄だが、バイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントの完成期日確定についてのIRを出して大幅高。ミドリムシ燃料で飛行機を飛ばすユニークな試み、近年中に実現するかもしれないな。

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS