2017年12月05日火曜日
日経平均 22,622.38 前日比-84.78(-0.37%)

値上がり率1位は上場1年9ヶ月で連続の赤字転落と会長関与のインサイダー取引を経て希薄化91.33%の株券印刷をしたALBERT(3906)?。印刷しまくる前よりも10%以上も高い水準に上がってしまった。株ってなんなんだろうね。もうみんな90%ぐらい印刷しちゃえばいいよ…。

今日はALBERT、NVIDIA主催イベントで自動運転等に応用可能な深度推定(距離推定)エンジンを発表という昨日の14:00分に日本経済新聞電子版に掲載された記事を囃してストップ高。精度のほどがよく分からないので何とも言えないが、公共の場へ出て発表するというのは少し自信があるのかもしれないな。

ビーマップ(4316)?が今年3例目となる同日ストップ高とストップ安を達成。07月04日火曜日のマルコ(9980)?、10月31日火曜日の五洋インテックス(7519)?と同じく、ストップ高からストップ安へ逝った。ストップ安からストップ高は2016年03月15日火曜日のLITALICO(6187)?から出ていない。今日も火曜日だよな。ぜんぶ火曜日なのはなんでだろ?

急騰銘柄に元気が入らず、ストップ高が10銘柄を割り込んでいる。

政府が2018年度の診療報酬改定で、遠隔診療を行った際に医療機関が受け取る報酬を、手厚くする方針を固めたことから相場が始まり、昨日上げてたメドピア(6095)?との交代か、遠隔医療ポケットドクターのMRT(6034)?が前場は大幅高していたのだが、押されて引けた。

遠隔医療では、昨日はサン電子(6736)?が12月5日、6日にて開催される「Health 2.0 Asia - Japan 2017」で遠隔診療をサポートする先進技術に関するプログラムへの登壇、及び企業展示にて「AceReal?」を出展を行うと発表して、大きな出来高を伴ったが小上げで終わった。

先月末からNHKニュースで、学び直し(リカレント教育)のことが言われてて、2019年度予算を100億円から5000億円にするってニュースも出たけど、ウィルソン・ラーニング ワールドワイド(9610)?など時価総額下位でもさっぱり動かないな。新興に集う資金は今どこにある?

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS