2018年06月11日月曜日
日経平均 22,804.04 前日比+109.54(+0.48%)

値上がり率1位はフルスピードの親会社フリービット(3843)?。最高益の見通しを立てた好決算で大幅高。アドテクノロジー事業の伸長に加えて、ヘルステック事業の収益貢献などを見込むそうだ。アドテクノロジー事業ってフルスピードなのに、なんでフルスピード(2159)?は寄り天のマイテンなんだろう。

ガチハコのビート・ホールディングス・リミテッド(9399)?は臨時株主総会で社名をノアコイン・グローバル・リミテッドにせよと大株主に提案されてストップ高。新株で新華取引所って仮装通貨取引所も作るらしいな。

Beat は、近年、社名を新華ホールディングスから変更したが、新華ホールディングスは中華圏及び グローバルで強いブランド力を有する社名であり(「新華」は中華の優れた能力を示す言葉である。)、 社名を変更したのは誤った選択だと Noah は考えている。

↑じゃあ新華に戻せばよくね。何が悲しくて「俺の名を使え」になるの。

ガチハコグランプリの再来か循環取引系のハコ企業SAMURAI&J PARTNERS(4764)?はにゃっつにJトラストの藤澤氏の再生手腕が発揮されると期待されてストップ高。実態はボロボロの新株発行業なのに、株価は天井知らずだな。

スマホゲーム再起不能、IoT野球ボールでガチハコ肉横丁のアクロディア(3823)?が大幅高。悪路ディア、暴露ディア、真っ黒ディア、まず上がっていて「事件かな?」とストレートに思ってしまった株って相当やばいと思うが、今日は「アクロディア、野球をメインとしたスポーツおよびアウトドア用品の老舗メーカー・エスエスケイとIoT野球ボール「SSK i・Ball」で協業」というのが材料だったようだ。ほんとに野球ボールの会社になっちゃったんだ。。。ここは迷走する昭和ホールディングス(5103)?もIoTテニスボールで勝負に行くべきだろうか?

ところで久しぶりにアクロディアの軌跡…、静岡県焼津市のふるさと納税でゲーム券をくばってたけど、スポーツをテーマにしたソーシャルゲームで爆死。インターホンIoT作りかけでセキュリティやりながら、NTTドコモに契約を切られ、フィンテックやデジタル教科書や不動産の帯変えの銘柄として期待されている中で、織田信長を美少女にして魔法陣に乗せてスマホゲーム化したから、ノブナガの香りとしてキャラクターシャンプーをプレゼントするし、女性用にビジュアル系ロックバンドのソーシャルゲーム「恋スル龍神サマ」も出したよ。広報が手作りでコスプレの服を作って東京ゲームショーデビューするも大赤字止まらなかった。オーガニックサプリの子会社を作ろうとしたら譲渡でてこづったので下方修正して起訴。代わりに渋谷肉横丁って不動産や飲食店の子会社ができたからゲーム使ってO2O施策したり、IoT利用の集客するんだってさ。織田ノブナガの香りのシャンプーくれるスマホゲーム爆死で、渋谷肉横丁のエア増資した後、2週間前に設立された資本金100万円の会社を3.5億円でお買上げ、ぐでたま 世界なんてどーでもいいわーをリリース、筆頭株主が反社会勢力との噂を「警視庁から感謝状を複数回にわたり拝領している人だからチガウヨ」とIRしたら、新株で実態不明のグアム・ビンゴ事業に3.7億円を投入、なぜかIoT野球ボールが当たって黒字化。ゆえにアクロディアは今、野球ボールの会社なんだ。

アクロディアってハコ企業の目指す場所って意味分かる? おれ全然わからん。

NFKホールディングス(6494)?はGDから材料なしの大幅高。仕手の介入のようだ。水素関連と言われているが、近年、電気気動車の充電スタンドが普及して、水素の普及はもう無理っぽい。

ジャパンエレベーターサービスホールディングス(6544)?が大幅高。国内大手証券は新規「1」でカバレッジ開始という記事が届いているがどこかは分からない。

ポエック(9264)?は昨日の新潟県知事選を受けての原発再稼働期待で上げてしまったらしい。原発にトラブルが起こって新潟が第二のフクシマになったら、米農家が怪しいお米セシウムさんで終わるが、原発が再稼働しなかったらしなかったで地元に仕事がなくどっち道、少子化で終わってしまうみたいなんだ。白い地獄と黒い地獄の違いだな。

ハイパー(3054)?は東証1部への市場変更を目指し、10万株の立会外分売を実施で大幅高。ここのAppGuard?についてFFRI(3692)?に質問してみたが、

AppGuard?はセキュリティ技術で言いますと、「ホワイトリスト型」の製品となります。これは、基本的に予め許可されたプログラムのみ動作可能とし、それ以外を不正なプログラムとしてブロックすることでシステムを防ぐ仕組みです。 (FFRI yaraiは「ヒューリスティック技術」となります。) ホワイトリスト型の製品は古くから存在しており、運用負荷が高いという課題や、サイバー攻撃技術の発達によって防御が完璧ではないなどの理由から現在では特定の分野でのみ取り扱われている状況です。 また、米国の政府機関で使用されているという点につきましても、政府機関は新しい技術を含めて様々な製品を利用しており、ただ単に政府機関で利用されていることをもってその製品の性能が裏付けられるというものではありません。18年以上破られていないという点も、前提が不明なためどの程度の実績かは判別不能です。(なお、18年以上前の技術であるということですので、目新しいものではないということはご理解いただけることと思います。) 以上の理由などから、AppGuard?は弊社の競合製品とはなっていません。 また、弊社のFFRI yaraiは現在約74万ライセンスが稼働している他、弊社はこれまでメディアで取り上げられた主要なサイバー攻撃の多数の防御実績を公表しており、優位性を示しております。

との返答があった。ふーむ。。。競合しないなら、なんでハイパー(3054)?の決算が良くてFFRI(3692)?の決算が悪いんだ? 株価は決算に正直だ。前期の下方修正、なんか嫌な予感がしたのだが。

エイチーム(3662)?はゲーム減収だがほかが補うカタチで決算好調で大幅高。ライフスタイルサポート事業で、プライダル事業や14億円で買収した子会社I n c r e m e n t sがスマホゲームの減速を補ったようだな。越境EC・自転車専門通販サイト「cyma-サイマ-」って、サンライズ・テクノロジー先輩を彷彿とさせる。成長戦略に困ってそうだ。

メディアシーク(4824)?は決算が期待されており予定日より遅く出された決算があまりにもひどく下方修正で寄らずのストップ安。バーコードリーダー/アイコニットが儲からず第二四半期から赤字をさらに倍にしてきたようだな。BrainTech?(脳神経科学)を活用した新たなソリューションサービスを開始しているはずなのに決算にも書かれていないって…。

日本海洋掘削(1606)?がまたもや深掘りされてしまった。残念だが実態のないハコ企業と違って高コストを払い続ける実態がある上、実態のないハコ企業と違って仮想通貨進出という外道を歩む事ができず、実態のないハコ企業と違って仕手もどう増資していいか分からないのだろう。海底の岩盤を貫くドリルは持っていても、レアメタル、メタンハイドレート、原油のすべてで食えないとわかった今、海底の岩盤を貫く意味がない感じだな。そして「日本海洋掘削社長に安井氏」(やすいやすろう)なんて、うちの会社の株価「やすい、やすいやろう」とでも言いたいのか? 新社長の名前がいかにも安そうだよな。

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS