2018年06月12日火曜日
日経平均 22,878.35 前日比+74.31(+0.33%)

値上がり率1位はアプリックス(3727)?。第M-2回新株予約権(行使価額修正条項付)という抗がん剤の投与の副作用で下げまくっていた株。社長はずらかったし、社名もころころ変わるし、怪しい増資系なので、そろそろガチハコの仲間入りしそうだが、近時代までちゃんとした実態があった会社だ。

パズドラも生まれてないスマホ黎明期にIoTで老人介護をいち早くやろうとした100円で小型組み込み無線モジュールを売る戦略は色々と普通のサイトでも宣伝していたし、BeaconモジュールはKDDIでも採用された。特許取得もARの特許を早くから取得していたのがここだ。

その後、IoTのいうバズワードが業界で大ブームとなって、業績は悪いけど、ユビキタス(3858)?のライバル会社で材料性も豊富だったし、近年は買ってはいないが、おれにも買おうかなという選択余地が残るほどの株だった。

しかし終わりはやってきた。とつぜんNTTが業務提携を終了して全株売ってきた。今思うとあれは、なにか現場で歯車が狂ったというサインだったのかもしれないな。

IoTソリューション事業における今後の黒字化への目処が付いて、会社の顔だった郡山氏が代表権を返上してから、その年すぐに大赤字の下方修正して今後の黒字化への目処って嘘かよ状態、今は怪しい新株をキメだして、最近はハコに向けて仕上がってきたと言って過言ではないだろう。怪しい子会社を買ってすぐ特損したり金融ヤクザの影が出てきたら、新しいガチハコの新星誕生だ。

今日は、屋内測位・位置情報システム市場向けソリューションの開発開始を発表してストップ高になってしまったらしい。屋内測位システムは、GPS(全地球測位システム)などの電波が届かない建物内や地下街でも位置情報の測定を可能にする技術だそうだ。

ユビキタスとライバル時代でさえ浮動株じゃぶじゃぶ言われてたのに、大株主1位だったNTTが市場内に爆弾かまして、その後にえぐい新株まで来たから、株としての需給はかなり悪いぞ。よくストップ高出来たな。

佐渡汽船(9176)?が大幅高で高値更新。佐渡金銀山の世界遺産登録思惑、北朝鮮問題進展など含めたインバウンド関連思惑だそうだ。

なんか10日投開票の新潟知事選の影響で、寺泊(長岡市)-赤泊(佐渡市)航路を撤退する方向性のようだ。本日、佐渡汽船の筆頭株主の新潟県が不採算事業を撤退しないように圧力をかけるのではないかと報じられている。

GMSと社会インフラはたまにこういうことがあるので大変だな。不要な会社を整理するは仕方ないけど、地域住民の生活を狂わすってのは人道としてアレなので、株価や配当に影響がない形でどうにかなるといいな。今日大きく上げたのも需要拡大の思惑があるので、佐渡へ航路を撤退する必要はないと言いたいのかもしれない。

昨日ストップ高のバルクホールディングス(2467)?が大幅高。企業や公的機関に高度なセキュリティーソリューション「ジュピターセキュリティ」を提供するために「Jupiter(ジュピター)プロジェクト」を開始するビーオービー株式会社と業務提携らしい。

ジュピターとは木星のことだがジュピタープロジェクトは仮想通貨プロジェクトだ。仮想通貨のセキュリティということで買われたのかもしれないな。

企業はジュピターにセキュリティを依頼する際、費用を全てジュピターコインで支払わなければならない。ジュピターコインの実用性を高めるために、ジュピターでは銀行を買収し、ジュピターコインの残高に応じて法定通貨の融資を行う仕組みを作るそうだ。

なるほどICOで調達した資金で銀行を買収すれば法定通貨に両替できるな。いやはや参った。ここまで突き抜けた馬鹿は仮想通貨業界にしかいない。資本金1100万円の会社が銀行の買収を目論むなんて、仮想通貨すごすぎだろ! 狂ってやがる!!

IPOに例えると、上場で調達した資金で銀行を買収し、我が社の作ったゴミを担保として銀行に日本円を貸してもらうことを成長戦略とする。銀行にしてみればマジでキチガイだな。

シーズメン(3083)?がストップ高。某有名煽り屋参戦銘柄 低時価総額 煽られるのはよく跳ねると2ちゃんねるで言われているな。3083 シーズメン 明確なる大口参加銘柄。※明確なる、というのがポイント。とウルフ村田。なんだいつものウルフじゃないのか。

ガチハコのビート・ホールディングス・リミテッド(9399)?がストップ高。他のガチハコよりもドラマ性がすごい。マイルドになって退屈な王者クレアなんかよりもきな臭さがプンプンするので、今、日本市場でもっとも激アツのガチハコなんだ。

今日は予定されていたノアコインのXデー(フィリピン建国記念日)で、利用範囲の拡大や基軸通貨戦略など、建国記念日に大発表されるという思惑でストップ高。

日本インタビュ新聞は、ケイマン諸島に社籍を置き、香港に事業本部を構え、100%子会社として新華モバイル(香港)Ltd、約65%出資しカナダのトロント・ベンチャー証券取引所に上場するGINSMS、約43%出資するシンガポールのActivateInteractivePte.Ltdなどを持ち、4月以降は相場つきが一変して値幅妙味が出てきたとされて2日連続ストップ高とトンチンカンなことを書いている。

バイオの森からカイオム・バイオサイエンス(4583)?が大幅高。ヒト化抗セマフォリン3A抗体に関して、日本特許付与の決定通知を受領が材料らしい。2年半前にTrop-2抗体に関する日本特許付与決定でストップ高しているが、そこから半値になっていた株だ。アルツハイマーの薬だそうだが、効くかどうかもわからん薬の特許コレクターはもういいので、臨床試験とか販路の方をなんとかするべきなんじゃないのか?

ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)?が謎の大幅高。第1四半期の業績(3~5月、7月13日の予定)に期待が再燃とされて2日続伸とあるが、1ヶ月後の第1四半期決算に期待して決算期待買いなんてするわけ無いだろう。ついでにいうと第1四半期の前に上方修正する会社なんかあるかよ。

それにしても、シューマイで短期株価1/3近くとはなんだったんだろうな。シューマイ、しまい、仕舞いというサインだったのか!? そんなわけないしなぁ…うむむ。

アニメキャラプリントの金属製品にかける鉱山・中外鉱業(1491)?が大幅高。コンテンツ事業、売り上げ112.7アップということと、今期は女子高生に人気の頑張り屋のカワウソ・ちぃたん☆を使った金属製品を売り出すことで期待されている。ゆるキャラで☆ちぃたん☆ですっ☆ってのが流行ってるらしいんだ。

ゆったんの笑顔が眠る墓・テックポイント(6697)?が材料無しで謎の大幅高。前場も上げだったが後場になってから急に、大口の腰の入った買いが炸裂した感じだ。5日移動線が下向きでまだ穴を掘るかという恐怖が残るチャートだったが、ここで買わなくてはならなかったんだな。なおゆったんは、4月の初めに買い単価2000円以上で掴んであるので、まだまだ死亡済みのようだ。

なぜかマザーズ上場銘柄のように言われているが、ここは東証マザーズ外国市場の銘柄だ。正式名のテックポイント・インクは、アキュセラ・インクを思い出す名前だな。

WASHハウス(6537)?はFC出店加速を目的に子会社が貸金業を開始へという材料があり、洗濯物が乾きにくい梅雨なのでコインランドリーの特需だから期待されるとして大幅高。これまでコインランドリー事業の売上高が天候に左右され、金融機関への毎月の返済に影響を与えることに対応するため、こういうことをやってみようと思ったようだ。やっぱり天候に左右されるのか。。。

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS