2018年10月24日水曜日
日経平均 22,091.18 前日比+80.40(+0.37%)

値上がり率1位はメディアファイブ(3824)?。株主数が少ないため第二のエムティジェネックス(3824)?でジュピターコインと疎開市場から第二のバルクホールディングス(2467)?で、仮想通貨に株を握られて無茶振りから第二のビート・ホールディングス・リミテッド(9399)?のようだ。実際に世に出て活躍することはないだろうが、思惑の連想ゲームのお化けとして上がっている。

シルバーカー回収の幸和製作所(7807)?がストップ高。PR情報 パナソニック株式会社AMED採択課題への研究開発協力のお知らせが材料だ。業績に与える影響を書いてないので、ただのボランティアじゃないのか? 業績に影響がある場合は、業績への影響は軽微ですとか、判明次第お知らせしますとか、添え書きしてあるからな。

かつて雑貨屋ブルドッグだったアクサスホールディングス(3536)?が一時ストップ高。戌年・狂犬ブルドッグの奇跡、邪神アクサスに取り込まれて実態がなくなるも禍々しい犬の残滓は引き継ぎ、これはありなのか上場を問われるも、潔白無罪・上場維持で胴上げでござる。そんな奇跡は見たくなかった。ドラマの脚本、もっと邪悪じゃないものにしてください。

古河電工(5801)とよく間違えてしまう古河電池(6937)?が大幅高。自動車用電池の国内好調で業績を上方修正だ。世界初!紙製容器でできた、非常用マグネシウム空気電池「MgBOX(マグボックス)」というのがあって、水を入れるだけで充電可能らしく、北海道地震で一時注目された銘柄だ。モバイルバッテリーと違って使い捨てであるため、非常食のような役割の大型の電池のようだな。

バカマツタケの多木化学(4025)?は踏み上げでストップ高。秋にマツタケを焼くことはあるがマツタケに焼かれるとは売り豚、珍しい体験だな。たぶん一生に一度の体験だ。バカマツタケなんて、名前がおちょくってそうだから、売りたくなる気持ちは分かるが、高額な逆日歩は警戒しないといけなかったな。

エスポア(3260)?は閑散株の材料無しでストップ高。仕手介入らしいが、売買代金180万で地方市場の株をストップ高とか、どんな貧乏仕手の宣伝だよ・・・

ミドルウェアでは競争に負け、スマホゲームでも競争に負け、今月社長の首が飛んだばかりのシリコンスタジオ(3907)?が大幅高。今日は、AWSスタンダードテクノロジーパートナーに認定が材料だ。

シリコンスタジオ(3907)?の最後の切り札と言えば、スマホゲーム・トリニティセブン 7人の魔書使いなんて、作らないほうが良いと思うけどな。トリニティセブンは2014年にすでにアニメ化済みで、七つの大罪という子供向け新作アニメに話題をかっさらわれたやつだ。劇場版もやったが好評だったという話は聞かないし黒字化を目指すにはIP力に劣る。

カドカワのラノベ原作アニメIPだと、緋弾のアリアをパチンコやパチスロに下ろした感覚に近いと思うけど、疑義注記で次コケたら終わりなのに、このようなハイリスク・ローリターンを仕掛けてはいけない。

このままの戦略では、最後の切り札が燃え尽きて、その後にEVO FundのMSワラントで株主全死だろう。しょぼい材料で急騰ということは、すでに増資に向けた準備が始まっているのだろうか?

アライドアーキテクツ(6081)?は2年連続「日本テクノロジーFast50」を受賞で大幅高。3年前に赤字になってから衰退続くモニプラが2年連続で日本のテクノロジーのベスト50って泣けるな。日本にはどんだけテクノロジーがないのやら。

シンクレイヤ(1724)?が久しぶりに急騰しているが、材料無しで仕手の介入と言われている。12月1日の4K8K放送に向けてやっと力のある筋が今日から強い上げスタートでしょうか。と言われているので、4K8K5Gどこかに絡めた上げみたいだな。

IJTテクノロジーホールディングス(7315)?が大幅高。ロボット事業や業績期待で上げていると言われるが、不人気すぎてtextStream以外でこの会社のこと、この日に話題に出した人がいない。この一週間を見てもいない。配当はそこそこあるのでまともな銘柄だと思うが。

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS