2018年10月31日水曜日
日経平均 21,920.46 前日比+463.17(+2.16%)

ようやくちょっとぐらい戻ってきたか。理不尽に30%下がって、この2日で7%ぐらい戻ってきた感じだ。今回の暴落は海外の株が調整したことによる暴落だ。なぜ海外の株が歴史的にありがちな調整をすると、日本新興株がこの世の終わりのように狂い下げしなければ行けなかったのか、全く訳がわからなかった。

値上がり率1位はセプテーニ・ホールディングス(4293)?。寄らずのストップ高だ。電通がセプテーニ・ホールディングスと資本業務提携しTOBで20.99%の取得目指すそうだ。セプテーニの意味とはラテン語で7つずつという意味で、子会社7社を上場したいという想いを込めて、7人のメンバーによってスタートしました。とあるが、子会社1社の株式について減損処理を実施し、関係会社株式評価損785百万円を特別損失として計上ということで、子会社1社退場しながらの大材料となった。アクセルマーク(3624)?はセプテーニが筆頭株主なのでストップ高。

スミダコーポレーション(6817)?はコイルの会社だが25%も上がってしまった。 検索したらすぐ「インサイダー」とサジェストされて、社外取締役がインサイダーか スミダ株、監視委調査という記事にたどり着いてしまったが、今日は7-9月期は営業2ケタ増益に転換ということで決算が良かったらしい。

日本テクノ・ラボ(3849)?がストップ高だが、日足、週足とも壊れてやがるな。10時になったので振り出しへ戻る。11時になったのでストップ高へ進む。そんなことを週足でもやってる感じでまるですごろくゲームだ。長い下ヒゲ陽線は首吊り線で普通は売りだけど、明らかに普通ではないのでもうどこを見て遊ぶのかおれには分からん。

リモートメールのfonfun(2323)?がストップ高になってしまった。ノーショー対策に有効な「ホテル旅館SMS」、 お客様・経営者・現場をつなぐ「アンケートつなぐ君」を 「第24 回全旅連青年部全国大会」に出展というのがホームページに書いてあったが、まぁ上げた材料ではないだろうな。おそらく上げたのは時価総額からの仕手介入の残り火だろう。

IPOのVALUENEX(4422)?が一時ストップ高。AI関連の会社で2014年2月 VALUENEX,Inc.(米国)設立、VALUENEX,Inc.(米国)の全株式を取得し、100%連結子会社化。米国を拠点としたグローバルなAI企業としたいんだろうな。

5年利益と大株主比率を見たら、どう見ても早稲田1号投資事業有限責任組合のイグジット案件でおつかれさまでした。社長が早稲田出身ということで、学生企業がグロースに失敗して東証へゴミ出しされたようなものだろう。役員の履歴だけはエリートだがそんなもの人件費が高いだけだ。

カーリットホールディングス(4275)?は全個体電池だがブームも100周年も去ってだだ下がりだった株だがここで決算が評価され大幅高。19年3月期第2四半期決算は純利益40.1%増の大幅増益だそうだ。

ホットランド(3196)?は大粒の美味しいたこ焼き「築地銀だこ」、あんこにこだわった鯛焼き「銀のあん」だが、ここのやつちょっと高いが、木枯らし肌寒いこの時期は熱々をはふはふ言いながら食べたくなるな。

今日は18年1~9月期、純利益95.2%減1000万円、(商品価格の改定を7月1日に実施したが、「ニッポンのタコヤキは、タノシイ。」をスローガンにした販売促進活動などを積極的に取り組んだこと等が奏功し、第3四半期会計期間における既存店売上高は前年同期比100%を超える好調な推移であった。)と発表し、値上げ成功だとされて大幅高。

最近の活動では、首都圏を中心に立ち飲み業態の「築地銀だこハイボール酒場」を43店舗展開。1人平均1500円前後の支払いで、滞在時間は1時間半ほどと回転率を高くすることで収益を上げる。東京・東上野に新業態店「銀だこ大衆酒場」の第1号店を開店。大衆的な酒場として、今後、多店舗化を目指す。新商品・ピザ味のたこ焼きを展開、今月は俳優・伊原剛志のお好み焼き屋を5億円で買収だそうだ。

食品宅配がオイシックス・ラ・大地(3182)?とかに負け、火だるまのショクブン(9969)?がまたも崩壊して大幅安で安値更新。大阪府北部地震や北海道胆振東部地震の他、8月には台風の本州への直撃もあり、野菜価格等が上昇したことにより、見込んでおりました調達コストの増加を招きましたと下方修正だが、オイラ大地の方はかなりの上方修正なので言い訳としても見苦しい。

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS