2018年11月13日火曜日
日経平均 21,810.52 前日比-459.36(-2.06%)

NYダウ 25,387.18 前日比-602.12(-2.32%)、選挙終わったら上がるん違ったんかい、引きずられるように日本市場もドボン。

そろそろ風邪の季節。病院にお見舞い行ってもらってきちゃった。マスクしていくべきだった。まだ症状は軽いけど喉痛いし、初期の段階で治さないと辛いので今日は寝てた。そしたら東証も風邪引いてたんよ。

値上がり率1位はバンク・オブ・イノベーション(4393)?。好決算となった『幻獣契約クリプトラクト』の中国配信及び独占ライセンス契約内容合意も追い風で2日連続のストップ高。

enish(3667)?はドラゴンタクティクスで、オルトプラス(3672)?はバハムートブレイブでこういう時代あったんだよなぁ・・・今は材料もなく汚らわしい株券印刷業だが。

ナビタス(6276)?がストップ高。まるで何かのナビをしそうな名前だが、ホットスタンプ印刷や成形転写装置等の特殊印刷機メーカー。検査装置も。空気転写機を強化、旧名は大平工業株式会社だ。今日は増益に追い風の不動産譲渡益で見栄えのいい決算で上がったのかな。

余談だがこの会社の名前を見ると、しょこたん☆ぶろぐのマミタスを思い出す(名前が似てるだけ)。かわいい猫だったがマミタスは去年の秋に亡くなっているみたいだ。

この秋、創業社長が若くして死去の日本エマージェンシーアシスタンス(6063)?が好決 算でストップ高。

前代表取締役社長・吉田一正「お別れの会」の開催についてが一緒にIRで出ている。証券 会社出身ということで香典買いもありそうだな。

若くして亡くなったのでがんかと思ったら、死因は心不全だったらしい。過労でよく死因にのぼるやつだ。死力を尽くして頑張って、本当に死んでしまうやつがあるか・・・。

円高恩恵銘柄、円安ぎみで出国者少ないのに、この増益は筋肉質だ。吉田さん、ほんと よく頑張ったな。これからも維持できれば、地に足がついてきた立派な上場企業と言える。はぁ・・・もっともっと開花しそうな、こんなイイ時に大将がいなくなるなんて・・・夢もやりたいことも沢山あっただろうに。

次の社長、倉田潔氏は、証券会社時代からの部下、辛い時も悲しい時も一緒に乗り越えて きた仲のようだ。山一時代の一つ下<後輩の>故吉田氏に使えていたので、辛酸知っての 新任と掲示板に書かれているな。

そんな兄貴や人生の師匠みたいな人が志半ばで急死して、気持ちを想像するだけで胸が張り裂けそうだが、この方なら2020年までに日本エマージェンシーアシスタンス(6063)?が跳躍するビジョンを実現できるかもしれない。確かな成長、最高益更新などあれば、この水準はまだかなりの安さだ。これからの活躍、期待しているぞ。

テクノスジャパン(3666)?はライバルのブレインパッドくんに株価で大差をつけられたけどここで大幅高。ブレインパッド連日の急騰で投機資金が向かったらしい。もともとはERPのコンサル系企業だが上場でビッグデータや人工知能などにも手を広げて今年は最高益予想だ。

新構造ブレーキの曙ブレーキ工業(7238)?はクソ決算懸念で昨日まで爆下げしていたが、鉄鋼の高騰でクソ決算だったものの、懸念されていたよりも悪くないということで大幅高。下方修正すればスッキリするのに、なぜしないんだろう。

財務は悪いけど、新構造ブレーキなしで通期営業75億予想、これから立ち直る会社なら時価総額でかなり安い。どうなんだろう。

電子教科書関連、学校ICTのチエル(3933)?は大赤字決算のストップ安で上場来の安値を大幅更新。平成31年3月期 第2四半期決算短信、2ページ目の書き方が…。まぁ伏せたりはぐらかす正直に詳細を言う方針は嫌いじゃないけど。ホルダーだったら、半殺しにされて怒っていたか呆れていたかもな。

学校・中学校市場向けに展開している授業・学習支援システム「らくらく先生シリー ズ」について販売状況等を基にソフトウエア資産計上額の厳格な評価を行い、減損損失8 9,659千円を計上。これは作ったソフトが売れなかったので特損。9000万円も開発費がかかったけど、ダメになりましたって感じか。でもヤバイのは、これがなくても赤字だということだ。

現状、地に足がつかず赤字というのは、大手に美味しいところを抑えられている感じで、今後、営業や提携強化、プログラミング必修化の教材開発の材料などが欲しいな。

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS