2019年12月16日月曜日
日経平均 23,952.35 前日比-70.75(-0.29%)
ジャスダック 171.42 前日比+0.77(+0.45%)
マザーズ指数 873.09 -12.18 (-1.38%)

ネット証券会社で投資信託や株式購入の手数料を無料化 - NHKニュース。マザーズが不自然に上げてたのそれ漏れてたか。株の需要にプラスになるな。カルテルないのはいいけど、じゃあどこでペイしてるんだろうって気にもなるし、今までの手数料は何だったんだ。

関東のイチゴが台風でほぼ全壊しても儲からなかったイチゴ農家、ホーブ(1382)?がよく上がっているな。中国で販路を持つベルグアースと業務提携だそうだ。久しぶりにベルグアース(1383)?見たけど、来年の決算見通しが良いな。来年ようやく実るのか。

かっこいい作業服のワークマン(7564)?がついに1万円乗せ。月次好調、業績好調なJASDAQの時価総額1位として買われている。2019年ヒット商品ベスト1位だそうだ。

オービス(7827)?ウエスコホールディングス(6091)?ブラス(2424)?は決算でストップ高。オービスの好調な国内向けのパレット用材ってユーピーアール(7065)?も好調だけど用途はなんだろう。増税前、木造住宅建築用途なら、一過性の可能性があるしな。

惨、酸、散、サンバイオ(4592)?がストップ安。脳梗塞薬の開発で大日本住友製薬に切られて売上高がほぼ0になってしまった。今回は誤算のさんだったか。第三相が失敗した薬で、リトライするにも大金が必要なのでこれは仕方がないな。第三相が失敗というあからさまな予兆があったし、被害者が少ないと良いけどな。

サンバイオではサンバイオ借金のKちゃんまんのブログを読んでしまうが、あれからは不幸もないようでお元気そうで良かった。彼の見立てでは2,000~2,500円で寄るそうだ。ほぼ半値かよ厳しいな。まぁ大黒柱を失った感じだから3空は逝きそうだけど。

ダブルエー(7683)?は上場ゴールを叩き出しストップ安。主幹事はみずほで公募は4,690円。上場一年ちょっとで下方修正。これは常識では考えられない動きだ。

上場で初めて出したIRが下方修正。そういう会社は普通存在しない。普通の会社は上場できる状態で上場してくるからな。これは上場できない状態で上場してきたと言える。

婦人服の製造小売りを日本と中国、香港で展開。生産は中国協力工場に委託。スニーカーに進出。香港デモで上場を延期にしなければならなかった。

アルチザネットワークス(6778)?が5Gで群れてた株主にMSワラント食らわせて大幅安。決算悪かったのをまさか株主財布でなんとかしようとするとは。決算で下がりきってからこれから反転かというタイミングでワラント。失望感半端ないと言われているが当然だ。これも普通はしてはいけないこと。1回死んでボーナスでナンピンした人が2回死ぬ。5G物色を楽しみにしていた材料株ファンに大ダメージだ。

SKIYAKI(3995)?が決算冴えず大幅安。

前年より減収だが、ライブ制作事業については、アーティストによるコンサートやツアーの実施時期により売上高が大きく変動する特性があり、ECサービスと同様に、四半期ごとの売上高の変動性が大きくなる傾向にあります。セグメント損益は、売上高よりライブ制作原価及び人件費を中心とした販売費及び一般管理費並びにのれん償却額を控除した結果、△16,611千円の損失ということで、ライブ制作の不作にアタッたと考えれば、一過性のものであると考えられるだろう。

ただ、インディーズライブの披露の場となるニコニコ超会議や闘会議が、カドカワの採算向上のため開催縮小されたので、市場規模が下がっている可能性は考えられるので警戒が必要だ。

日本一ソフトウェア(3851)?が大幅安。窓開けてる割に本陣にIR来てなかった。刺激材料としては、ディスガイアRPGのセルラン急落が理由みたいだ。PS5向けに新作ディスガイアの開発に取り掛かる必要もあるだろうし、再来年ぐらいまで出番ないかもな。

モルフォ(3653)?が糞決算から大きな寄り底でプラテン。フィンランドのデータサイエンス企業であるTop DataScience?社を子会社化、同社の強みである最先端の機械学習のナレッジを活用したコンサルティングを軸としたヨーロッパ地域におけるビジネスも着実に拡大しており、グローバル化の加速が進捗、海外子会社買収に係るのれん償却費や研究開発など将来の成長に向けた先行費用の増加により営業利益は586,737千円。2019年10月期から2021年10月期までの3年間を成長加速のための新戦略に取り組む期間。なるほどそんな悪いこともなさそうだな。

決算銘柄・PTSの値上がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1プロレド・パートナーズ(7034)8,391391(+4.89%)3,400本決算
2パーク24(4666)2,55063(+2.53%)3,200本決算

決算銘柄・PTSの値下がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1ウイルコホールディングス(7831)156.6-15.4(-8.95%)39,000本決算

日本経済新聞のアクセスランキング

1「白いハッカー」に高額報酬 グーグルは1.6億円用意 データ防衛、敵を味方に
2ヤマダ、高級路線に再挑戦 大塚家具買収、経営の転機 脱・安売りにブランド活用
3「奇策」早期解散、英で批判少なく 総選挙 政治停滞の打開策に 日本の解散権論議に一石
4かんぽ・日本郵便に保険販売で業務停止命令へ 金融庁
5KDDIとローソン、スマホ決済提携 auでポンタ使える
6「損取り戻す」負の連鎖 FXにのめり込み巨額横領
7銀行インフラ握るNTTデータ 公取委、コストに照準
8道は無限にある パナソニック社長の挑戦
9ホワイトハッカーの高額報酬広がる Googleは1.6億円
10(核心)「ロボット王国」日本 どう進化 論説委員長 原田亮介
11温暖化ガスの削減強化 COP25合意 上積み幅は義務づけず
12「いだてん」年間視聴率8.2% 大河で初の1桁台
13(私の履歴書)澤部肇(15)テープ事業部 御庭番扱い、最初は苦労 営業の一線体験、泥臭さ学ぶ
14中国、対米追加関税を見送り 木材など3361品目
15パリ協定、波乱含みの船出 来月始動 COP25、ルール作り見送り 利害対立一段と
16共働きで子育てしやすい街、東京・葛飾区が首位 日経DUAL・本社調査
17(春秋)「心からしなのの雪に降られけり」とは寂しげな句だ。古里の信濃から江戸へ奉公に出た小林一茶が、俳諧師として名をなしつつあっ
18ドローン登録義務化 21年度中に 違反なら罰金、商用化へ事故防止
19無形資産、成長の源に データで見るネオエコノミー
20日英EPA、早期交渉へ EU離脱後 車関税の即時撤廃を協議
21(経営の視点)グーグル共同創業者退任 性善説統治モデルに終幕か 編集委員 小柳建彦
22加熱式たばこ リスクに警鐘 ニコチン濃度、紙巻きと同程度 健康への影響は未知数
23香港、IPO世界首位保つ 372億ドル調達し9年ぶり高水準
24(月曜経済観測)ITから見た日本経済 IoTが成長の基盤に インターネットイニシアティブ社長 勝栄二郎氏
25ウーマン・オブ・ザ・イヤー2020 やりたい仕事 諦めず追求
26出口狭まるスタートアップ 評価高騰、M&A3割減 IPO、小型案件は敬遠
27サントリー、インド市場に参入 世界最大市場に攻勢
28日韓、輸出管理巡り政策対話 3年半ぶり
29JR「サフィール踊り子」公開 全席グリーン車以上
30ヤンキースの「白鯨」 9年350億円、先発4枚看板整う
[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS