2019年08月01日木曜日
日経平均 21,540.99 前日比+19.46(+0.09%)
マザーズ指数 905.27 前日比+0.35 (+0.04%)
ジャスダック 151.30 前日比-0.14(-0.09%)

NYダウがトランプの中国牽制で前日比-333.75(-1.23%)だが日経平均プラスという珍しい展開。

値上がり率1位はウインテスト(6721)?。時価総額下位、低位株のかち上げか。現社長が中国人でチャイナマネーが来たとか。

建設のヤマト(1967)?が決算好調でストップ高。小中学校はじめ猛暑対策の空調工事が全国的にスタート時期ともいわれている。

スペースシャワーネットワーク(4838)?がストップ高で寄って撃沈。テンセントQQのテンセントでもだめなのか。

野村ホールディングス(8604)?が地獄の縁からひょっこり高。自社株買いと決算の影響のようだ。海外で活躍する戦略を打ち出しているようだが、ドイツ銀行の日本版になってしまいそう。

自治体特化の広告代理業だが電気にもジェネリックという選択肢、ホープ(6195)?が大幅高で高値更新。まさかこいつが2.7倍になるなんてな。

enish(3667)?が大きく上がってきてしまった。De:Lithe(ディライズ) ~忘却の真王と盟約の天使~のプレスリリースが出ているので期待上げだろうか。共闘でオンラインRPGか…。

幻獣契約クリプトラクト、ミトラスフィア -MITRASPHERE-のバンク・オブ・イノベーション(4393)?が大幅高。金曜日に好決算を発表し、同時に今後の台湾、香港、マカオ、中国&英語圏配信の世界展開の日程も発表 台湾での事前登録は既に開始しということで、今後に期待する動きらしい。

決算は好調だけど売上高は10%以上減っている。お客様満足度の向上に注力いたしましたが、継続的に取り組んでいるプロモーションの効率化が影響し、売上高は前年同四半期比で減少いたしましたって、撤退のため減ったのではなく本業が落ち目だから減ったっぽいけど、本当に好調なのか?

GMOペパボ(3633)?がよらずのストップ安。GMOペパボ、2Qは大幅な増収増益 売上高・各利益ともに過去最高を達成する好決算に、この決算のどこらへんが寄らずのストップ安??

>一方で、この四半期を前年比較で見ますと、流通額は下がっている状況です。第1四半期からプロモーションコストを減少させており、第2四半期に関してはプロモーション効果が弱く、新規の獲得は弱まっているということで流通が減少しています。今期は黒字化させていくという基本方針は変えませんが、年末はとくに流通額を伸ばすタイミングですので、年末商戦を踏まえて、若干プロモーションを強めて流通を増加させるようなかたちに持っていきたいと考えています。

プロモーション効果が弱く、新規の獲得は弱まって鈍化しただけで、寄らずのストップ安なんてやりすぎなんじゃないの? 第一四半期、そんなに期待させてたのか。

日本触媒(4114)?が大幅安で安値更新。決算予想が良くなかったみたいだ。20年3月期純利益33%減に下方修正とのことだ。

エー・ディー・ワークス第20回新株予約権(32509)?が1円ストップ安。何日も1円でストップ安を繰り返せば、ついにメガネスーパーと同じ領域に達したことになる。こんな倒産してもないのに1円で売れなくなるもの出したらいかんて。

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS