2019年08月09日金曜日
日経平均 20,684.82 前日比+91.47(+0.44%)
東証マザーズ 871.74 前日比-4.33 (-0.49%)
ジャスダック 147.27 前日比-0.11(-0.07%)

値上がり率1位は第一精工(6640)?クソ決算の踏み上げか。売上高減、大幅な赤字転落、下方修正、電気・電子部品事業が大きく減収となり、売上高及び各段階利益は予想を下回る結果となりました。いっこもいいことが書いてない。

介護ベッドのプラッツ(7813)?が寄らずのストップ高。介護用ベッド拡販で今6月期営業益は倍増、増配計画もある、中国向け製品のラインナップ拡充を図るとしているそうだ。

ホーブ(1382)?がまさかの再始動で寄らずのストップ高。ホープ(6195)?は週末利確かストップ高が剥がれてしまった。

那須電機鉄工(5922)?が決算を受けて寄らずのストップ高。四季報によると、楽天の今秋携帯キャリア参入受けて通信用金物の増産開始。5Gの本格普及期にらみ通信関連製品の拡販を強化だそうだ。

KADOKAWA(9468)?が空前絶後の大幅高で高値更新。「SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE」の海外ロイヤリティ収入が好調、ドワンゴの構造改革が着々と進むことが評価された。川上会長退陣の4月にドワンゴ人工知能研究所の閉鎖、この8月、赤字でも続けていた「ニコニコ超パーティー」の2019年不開催を発表しており、不採算事業の改革が評価されたのだろう。

紛う事無き韓国の財布ネクソン(3659)?が値下がり率の1位。大型なのに、売上高も営業利益も5%以上減ってるから、正統派のオワコンだな

さらに情勢も最悪である。韓国との対日関係が悪化して、日本政府が経済制裁までしている事態で、「紛う事無き韓国の財布」なんてキャッチコピーで上場してきた奴にウカウカと投資するアンポンタンはいないと思いたい。

韓国、自分の国が不調だからってな、自分の政権に視点を向けさせないよう慰安婦問題を蒸し返し、韓国民を日本に向いて怒らし、政権に向けての避難を報道させなくする愚民政策やってる。それが過激になっていって今ひどい状態にある。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)?はパズドラの集金イベントの反動とラグナロクMの課金鈍化で来期見通し悪く大幅安。TEPPENというスマホ向けトレーディングカードゲームをリリースして期待されているが、新作ご祝儀状態なのに、今はそんなセールランキングよくないな。

CRI・ミドルウェア(3698)?が大幅安の安値更新。第2四半期決算の結果が影響し、 累計では前年同期比減収だそうだ。最近のスマホゲームでよく見るミドルウェアだけど、 月額サブスクリプション契約により、毎月安定した収入を実現という方針に切り替えて高 成長を目指していた。月額なのに減益というのが目障り良くなかったかな。売上高は増え ているので一過性だと思うが?

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS