2019年05月13日月曜日
日経平均 21,191.28 前日比-153.64(-0.72%)
東証マザーズ  890.13 -21.29 (-2.34%)
ジャスダック 147.78 前日比-2.04(-1.36%)

上場企業3期ぶり減益 前期2%減、下期に環境悪化 中国落ち込み響く景気動向指数 「悪化」に下方修正 - NHKニュース。はぁ…資産がぺしゃんこ…礼和は悍ましい時代よ。悪いことばかりか起こらない。今もダウとナスダックが暴落している。慈悲深い神も仏も存在しない。

人工知能後発国にだけはなるな。本当にこの国終わってしまうぞ。2020年から暗黒時代の幕開けになるぞ。

AIのブレインパッド(3655)?がストップ高。国内企業におけるデータ活用意欲の高まりにより業績好調だそうだ。その反面、ALBERT(3906)?がストップ安。データサイエンティストの採用がなんたらで設備投資が増えたそうな。それだけでストップ安するんだ…。もう人も雇えないな。

東洋合成工業(4970)?が大幅高で高値更新。来期予想がよかった。半導体やフラットパネルディスプレイの需要拡大を見込むらしいが、ダウで現在アップルが値下がり1位で暴落してて。

Amazia(4424)?はなつかしのヤクザ漫画読み放題が受けたのか決算がよく大幅高し高値更新。amazonの漫画売れ筋ランキングでは入らないような古い作品がスマホゲームに飽きた40代以上にウケたのかな。LINEマンガが王者で、ピッコマとかcomicoとかマンガボックスとか群雄割拠している中で、この会社にヤクザ漫画特化以外の優位性ってあるっけ?

無課金でも美味しいスマホゲームとの競争もあって、漫画村のあとはどこもかしこも無料に近づける戦略で泥仕合。多分独創的なサービスの良さが認められたのではなく、広告費ジェットで他を追い抜こうとしている型だ。

グレイステクノロジー(6541)?がストップ高。決算も来期も良かった。マニュアル業を駆逐する人工知能の時代はどうへいったのか。

マーケティング支援のインテージホールディングス(4326)?がストップ高。12億円の自社株買いだな。

リード(6982)?が寄りから-64(-13.85%)でけっきょくそのまま引けた。金曜の上げはなんだったんだ。

ストップ安が19銘柄、安値更新が551銘柄もある。

ソウルドアウト(6553)?は決算冴えず2連ストップ安でホルダーの魂がこの世から開放されてしまった。オプト(2389)?も大幅安。ブラッククリスマスの逆資産効果で中小企業の冷え込みがきつかったのかもな。

エンカレッジ・テクノロジ(3682)?が大幅安で安値更新。今回の下げは、丸山専務をはじめとする大量離職による今後の見通しが立たなくなったこと。例年にない数の社員が辞めたようです。と言われている。迷子さんの解説がすごく正直で頭がいい感じだ。もはや社員よりよっぽどこの会社を知っているだろう。

IRの一貫性のなさに株主は怒りを覚えます。それだけ、会社内部が混乱しているのでしょうか。決算前の上方修正は、今期決算予想が悪いと分かった時点に当たる。など、手厳しい内容だが、まぁそのとおりなんだろうな。

デジタルハーツホールディングス(3676)?が先行投資の下方修正で大幅安。営業利益7億下方だが、HEROES売却益7億円でそれを埋めるから、通期は修正なしらしい。

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS