2019年05月29日水曜日
日経平均 21,003.37 前日比-256.77(-1.21%)
東証マザーズ 920.59 前日比-0.84 (-0.09%)
ジャスダック 146.16 前日比-0.43(-0.29%)

ビットコインが1年前の価格を回復 97万円まで上昇した背景。ビットコインでもクソバブルに戻るのだから、新興株もなにかの切欠でワンチャンあるかも。

日本人が貧しくなったワケ。もうアジアでもトップではない…。国家経済戦略の有無…、兜町は閑古鳥で2020年金融特区は腰砕け、インバウンド観光では果てはギリシャ、もう逆転の可能性は人工知能しかないと思うけどね。ヒト力では中国やインドに勝てないよね。

値上がり率1位は売電事業で立ち直ったホープ(6195)?GENEWATが大当たりしたらしい。もうこれは株式会社ジェネワットに改名だな。

すべての消費者が電力を自由に選べる今、あなたの“ジェネリック”な選択が、企業や家庭の大幅なコストカットを実現します。とあり中々魅力的に見える。

しかし、どうやって大幅なコストカットで大儲け出来たのか仕組みが謎だ(補助金でもあるのか?)。ロクに広告も打たず企業や家庭の採用がなぜ急速に進んだのかも不明だ。

フルッタフルッタ(2586)?がストップ高で高値更新。さすが第二のソフトバンクだな。冗談はさておいて、タピオカの連想で遊んでるだけ。買いたくない株ほど上がるよな。シーソーゲームのように。

レアアースのアサカ理研(5724)?がストップ高。再燃するとは強い動きだ。レアアース禁輸、欧州混迷、礼和というより乱戦がにじみ出るご時世だな。

他社の顧客情報不正取得疑いなど怪しい企業ではあるがNo.1(3562)?が一時ストップ高。子会社の株を光通信へ譲渡、ピカツーとの業務提携だな。第二のINEST(3390)?かと思ったら、第一のINESTがすっかり相場終わってた。

京極運輸商事(9073)?が一時ストップ高。発行株式の0.9%の自社株買いで一瞬仕手化したらしい。なにがやりたかったんだってチャートだな。数量間違えて買いすぎたのかな。

トップカルチャー(7640)?が大幅高で高値更新。上方修正だ。売上高が減っていることで叩かれていて変だなぁと思ったら

主力商品の売上高前年同期比は、書籍103.7%(既存店97.0%)、特撰雑貨・文具117.4%(既存店111.2%)、レンタル99.2%(既存店86.2%)、ゲーム・リサイクル99.5%(既存店82.8%)、販売用CD62.8%(既存店56.7%)、販売用DVD88.3%(既存店80.4%)、賃貸不動産収入188.7%

「賃貸不動産収入188.7%」。これ賃貸不動産の銘柄だったのか。

Kudan(4425)?が材料無しで大幅高。前々から怪しい企業と思っていたが、ここに来てやばいものを発見してしまった。

顧客が1年で全部変わって、ずっと使い続ける」というより「一回きり」「使ったソフト商品がコケてばっかり」の可能性が示唆されていたが、新しく高収益を支えていた最大の大口顧客がキャッシュフローマイナスで固定資産の減損に係る会計基準に基づく減損損失や未払費用の戻入益が発生の可能性で激ヤバ。前代未聞の超展開だろう。

2大大口顧客のザクティと国際航業は日本アジアグループ(3751)?の会社だから、技術が評価されたのではなく、ザクティが【ダントツ】に大損こいています。第三四半期時点で、営業利益△22億円です。←つまりこの資料の特損がKudan(4425)?の高収益の秘密だ。

メガカリオンそろそろ上場かなぁとか思ってIR見てたら、不発弾を掘り起こしちゃった感じだぜ…。この会社、いつか空中分解しそう。

小僧寿し(9973)?が大幅安でとうとう33円だ。なぜ「小僧寿し」は危機に陥ったのか 犯人は“昭和のビジネスモデル”というヤフーニュースのコメ欄で、庶民はすでにお悔やみムードだ。もう立て直しは無理だろうな。

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS