株式市場

日経平均24025.17+174.60(+0.73%)
TOPIX1740.53+5.37(+0.31%)
東証二部7436.96+63.63(+0.86%)
東証マザーズ887.46-2.43(-0.27%)
ジャスダック176.13+0.94(+0.54%)

円相場

ドル円110.010000
ユーロ円122.441130

値上がり率1位は倉元製作所(5216)?。間近は、事業再生ADR手続における第1回債権者会議の成立・同意及び2019年12月期決算発表の遅延見込みに関するお知らせ。CES2020 世界初曲面マイクロLEDディスプレイのネタ。

トランザクション(7818)?がストップ高。決算が良かった。エコ雑貨製品の販売が大きく拡大だそうだ。金曜のPTSでは+1.75%しか上げてなかったのに。

USEN NEXT HOLDINGS(9418)?は決算でストップ高。キャッシュレスが良かったようだ。優待狙いで持っていたらラッキーだったな。

エディア(3935)?が決算受けて大幅高となるも引けは小幅高。先行投資で赤字だな。シティコネクションからゲームソフト139タイトルに係る知的財産権を取得でエクストリームのラングリッサー相場期待と言われている。にしてもここ、すっかりコミックが売り上げの半分以上になってら。ずいぶんと様子が変わってきたように思う。スマホゲームはすぐ特損を出すが、コミックは中々特損を出さないだろう。

セキュアヴェイル(3042)?が大幅高。「サイバーセキュリティ」が8位にランク、中東情勢緊迫化でサイバー攻撃懸念高まる<注目テーマ> - 株探ニュースで、書いてない所が上がるとは

日本インタビュ新聞の推し、イワキ(8095)?が大幅高。中期計画の目標拡大ローリング修正が材料のようだ。大分調整していたから、決算のハードルが下がっていたのも良かったのだろう。

エルテス(3967)?が大幅高し高値更新。デジタルリスク事業でソーシャルメディアに起因するリスクに関連するサービスが契約数を増やし、決算が良かったそうだ。

アクセルマーク(3624)?が大幅高。国産BCゲーム「コンサヴァ」、プレセール売上は過去最高の約4500万円で盛り上がってしまったか。

enish(3667)?はVgameで上げてるらしい。「VGAME」の配信日が1月17日に決定ってやつか。スタイリッシュな爽快バトルが病みつきに!プレイヤーの腕前が試される骨太アクションRPGだそうだが、スマホで格ゲー風のアクションゲームなんて流行るのか?

テクノ・セブン(6852)?は3日足踏みした後のストップ高。何上げなんだろう。テクノセブン、上期経常が44%増益で着地・7-9月期も43%増益を囃す動きか??

ウルトラファブリックス・ホールディングス(4235)?はJAL出資のZIPAIRで採用とされ大幅高。

牛丼の新サイズ超特盛がヒットの吉野家ホールディングス(9861)?が大きく下げている。上方修正が期待以下だったようだ。株価が倍近くになりかなり期待されていた面があるので仕方ないな。

良品計画(7453)?がまさかのストップ安。今期下方修正、情勢不安から韓国と香港で低調、消費増税にあわせて販促キャンペーンを打ち、利益率が悪化だそうだ。期待で上げていたところは怖いな。

幸和製作所(7807)?が特損決算で大幅安。韓国でシルバーカー3万台も、収益性の低下による減損の兆候が認められたことから、将来の回収可能性を検討した結果、2億3000万円が減損みたいだ。

RPAホールディングス(6572)?が特大の下方修正でストップ安近くになったのに、なぜかプラテンするハプニング。まぁ上場来の安値ではあったので買われる可能性がないことはなかったけど、まさか来期を期待しているのか?

両毛システムズ(9691)?が一時ストップ安。きれいな調整だ。2,693~2,910の窓を埋めてないから売られているのでは。引け後に増担。窓埋めに向かって下げている時にこれは重い。

決算銘柄・PTSの値上がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1サイバーステップ(3810)1,916400(+26.39%)14,500第2
2シー・エス・ランバー(7808)1,580300(+23.44%)3,700第2
3ファンドクリエーショングループ(3266)13021(+19.27%)127,900本決算
4セラク(6199)1,031150(+17.03%)5,400第1
5ベイカレント・コンサルティング(6532)6,731921(+15.85%)4,600第3
6アルテック(9972)26934(+14.47%)18,300本決算
7クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)2,320276(+13.50%)10,900第3
8シンメンテホールディングス(6086)2,715313(+13.03%)1,600第3
9プロパスト(3236)226.523.5(+11.58%)58,900第2
10東京衡機(7719)29030(+11.54%)3,600第3
11JMACS(5817)46240(+9.48%)3,700第3
12IGポート(3791)1,830141(+8.35%)2,700第2
13IDOM(7599)615.139.1(+6.79%)12,100第3
14ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス(4433)1,611100(+6.62%)100第1
15テラスカイ(3915)2,712139(+5.40%)11,200第3
16SOU(9270)2,390113(+4.96%)2,500第1
17ライトオン(7445)61228(+4.79%)3,700第1
18ハブ(3030)1,14051(+4.68%)1,000第3
19ファーマライズホールディングス(2796)67930(+4.62%)4,000第2
20TOKYO BASE(3415)61723(+3.87%)100第3
21パルグループホールディングス(2726)3,770135(+3.71%)2,200第3
22サーラコーポレーション(2734)647.921.9(+3.50%)400本決算
23ロコンド(3558)89030(+3.49%)5,900第3
24チームスピリット(4397)2,50082(+3.39%)500第1
25DDホールディングス(3073)1,53049(+3.31%)1,000第3
26エスケイジャパン(7608)49615(+3.12%)3,000第3
27キャリアリンク(6070)63519(+3.08%)6,600第3

決算銘柄・PTSの値下がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1エスエルディー(3223)1,515-283(-15.74%)4,100第3
2JESCOホールディングス(1434)400-52(-11.50%)32,700第1
3古野電気(6814)1,200-156(-11.50%)400第3
4ジー・スリーホールディングス(3647)199-24(-10.76%)2,000第1
5Gunosy(6047)1,360-118(-7.98%)8,900第2
6クックビズ(6558)2,870.1-214.9(-6.97%)6,800本決算
7UUUM(3990)4,260-285(-6.27%)7,900第2
8ロゼッタ(6182)3,710-245(-6.19%)16,500第3
9三機サービス(6044)1,031-57(-5.24%)100第2
10日本国土開発(1887)650-28(-4.13%)1,500第2
11and factory(7035)2,349-101(-4.12%)5,700第1
12霞ヶ関キャピタル(3498)5,620-240(-4.10%)400第1
13テイツー(7610)41.4-1.6(-3.72%)57,800第3
14三栄建築設計(3228)1,550-49(-3.06%)500第1
15日創プロニティ(3440)799-23(-2.80%)800第1
16アイケイ(2722)1,040.1-24.9(-2.34%)200第2
17インターライフホールディングス(1418)250-5(-1.96%)100第3
18ティーケーピー(3479)4,365-80(-1.80%)300第3
19サインポスト(3996)1,972-35(-1.74%)100第3

日本経済新聞のアクセスランキング

19割が消える? ユーチューバーが迎える試練のとき
2富士フイルム「ゼロックスはもう買いたくない」
3ゴーン元会長「日本人はのろま」 ブラジルメディアで
4(漂流する社会保障)高齢医療、膨らむ単価 全国1741市区町村調査 1人あたり費用、半数で「10%超増加」 病床多いほど高額
5CO2から資源、「厄介者」の変身 温暖化対策が進化
6国内投信、指数型が過半 昨年、低コスト志向で
7(私の履歴書)鈴木茂晴(13)殺伐 違反行為で同僚クビに 池袋支店、厳しかったノルマ
8タイで新型肺炎、中国人観光客発症 世界的感染の懸念
9引き返せぬ金融緩和 日米欧の中銀資産、再膨張 景気への悪影響恐れ 低金利で実力以上の株高に
10元徴用工問題「日本も解決策提示を」 韓国大統領会見
11(迫真)英離脱、未知の船出(1) 難交渉「時間短すぎる」
12米、中国の「為替操作国」解除 貿易交渉進展を評価 日本の「監視リスト」継続
13高齢医療、歯止めなき「単価」膨張 地域格差も広がる
14(Deep Insight)歴史を創る起業家の条件
15(春秋)オリオン座は冬を代表する風物詩のひとつだろう。寒い夜に仕事を終えて帰宅する途中、空を仰げばまずはこの星座が目につく。ほか
16日本ハムが植物肉、3月から参入 健康志向で需要増
17中国新車販売8%減 昨年、2年連続マイナス
18米・イラン、暴走リスク露呈 米、司令官殺害の根拠揺らぐ 議会で批判
19マツダ、綱渡りのU字回復シナリオ
20米巨大IT独走 アルファベット時価総額1兆ドル迫る

東洋経済オンラインのアクセスランキング

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS