株式市場

日経平均24083.51+42.25(+0.18%)
TOPIX1744.16+8.72(+0.50%)
東証二部7413.46-70.66(-0.94%)
東証マザーズ885.26+0.45(+0.05%)
ジャスダック176.22+0.40(+0.23%)

円相場

ドル円110.150000
ユーロ円122.079245

値上がり率1位はオータケ(7434)?。不人気オータケ、十年に一度の大相場だ。「老舗とはいえ、営業基盤・方針が20年前から何ら変化なく業界内でも負け組の筆頭」と言われている。

ウィルズ(4482)?が上方修正決算で一時ストップ高。上場1ヶ月で上場ゴールの逆だが、配当予想の修正(上場記念配当)も一緒にしてきたあたり、地合い悪化を計画していた花火のようにも感じる。

2019 年 12 月において予定していた「プレミアム優待倶楽部」の株主優待ポイント売上、IR-navi の継続的な利用料にかかる売上高が順調に推移し売上高がそれぞれ上回った結果、営業利益、経常利益及び当期純利益につきましても、計画を上回る着地となる見込みだそうだ。

プレミアム優待倶楽部がなんでそんな儲かるのか分からないが、そこそこ高い品をかなり高い品と言い、プレミアム感を出して、そこそことかなりの落差を利益としているのか?

窪田製薬ホールディングス(4596)?が大幅高。NASAプロジェクト研究代表者による1,600人規模のワークショップにてSS-OCTプロトタイプの進捗を報告だそうだ。

地域新聞社(2164)?がストップ高。久しぶりに見るな。またまた鮭か?ち言われているからサーモンちゃんがブログで推奨を限定公開した可能性と、地域新聞社は千葉県、千葉県といえばチバニアンと言われているから、チバニアンで買われた可能性がある。最近上がってなかったし前日出来高のわりに投稿が盛んで、こいつそんな人気株だったのか?

前田道路(1883)?前田建設工業(1824)?の敵対的TOBでストップ高。それを受けて三井住建道路(1776)?が大幅高

小倉クラッチ(6408)?がストップ高。不人気値嵩の大化け狙いみたいだ。トンピン銘柄と言われているが、twitterには書いていない。大量保有報告書が出たら終い相場か?

川本産業(3604)?アゼアス(3161)?マナック(4364)?がコロナウィルス関連としてストップ高。重松製作所(7980)?はマスクで上がった。日本エマージェンシーアシスタンス(6063)?は海外の感染症リスクのトータルサポートで上がったのか?

MTG(7806)?は睡眠の質を高めるという「スリープテック」市場に参入し、第1弾として人工知能(AI)などを活用したマットレスを2月3日から一般発売として一時ストップ高。

システムズ・デザイン(3766)?が謎のストップ高。政府が後押しするIT導入支援企業に物色の矛先、光通信関連としての思惑買いも!?とか書いてあるな。

タカチホ(8225)?はなんで上がったか謎。りんごのささやきという銘菓が売れてるのか?

決算銘柄・PTSの値上がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別

決算銘柄・PTSの値下がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1アサヒ衛陶(5341)589.9-26.1(-4.24%)9,200本決算

日本経済新聞のアクセスランキング

1「違反」残業なお300万人 月80時間超 人手不足、管理職の負担増
2(エコノフォーカス)建設投資、五輪後も堅調? 未着工案件が最高水準 人手不足で工期も長く
3無印良品、ネット通販停止よりも重い課題
4全日空、アジアで共同事業 シンガポール航空とダイヤ・運賃調整
5すかいらーく、24時間営業を廃止 人手不足が背景に
6前田建設、前田道路にTOB 「親子」で異例の対立
7三菱電機にサイバー攻撃 中国系か、防衛情報流出恐れ
85G全国整備へ新制度 光回線維持で負担金
9相次ぐ敵対的買収、「三田証券は押さえたか」
10マクドナルドから肉が消える日
11(私の履歴書)鈴木茂晴(19)勝負 最初で最後の「引受会議」 DDI増資、代表役員巻き込む
12東芝、東証1部復帰に影 子会社で架空取引 不適切会計再び
13ヘンリー王子 英王族「離脱」 経済的自立へ 夫妻、殿下の称号失う
14(迫真)緊迫サイバー攻防戦(1) 五輪の「穴」を塞げ
15請求書買い取り 即日で入金も 中小企業の資金繰り変革 オルタ、AI駆使 2年で150億円
16建機、価格抑え中国再挑戦 日立、1割安のモデル コマツ、レンタルで浸透
17首相「全世代型社保へ改革実行」 通常国会召集
18(春秋)あちこちの書店に「棚」のプロがいる。独自のセンスでこれぞと思う本を集め、ユニークな棚や平積みの台をつくる書店員たちだ。文
19サブリース賃料減額リスク 「説明受けた」6割どまり 国交省調査
20(経営の視点)利便追求、重なった誤算 もがくヤマトとセブン 編集委員 田中陽

東洋経済オンラインのアクセスランキング

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS