株式市場

日経平均23864.56-218.95(-0.91%)
TOPIX1734.97-9.19(-0.53%)
東証二部7368.83-44.63(-0.60%)
東証マザーズ886.24+0.98(+0.11%)
ジャスダック176.31+0.09(+0.05%)

円相場

ドル円109.930000
ユーロ円121.934356

コロナウィルス相場。中国の新型ウイルス、新たな段階入り-厳重予防の医療従事者も感染

アゼアス(3161)?オーミケンシ(3111)?川本産業(3604)?日本アビオニクス(6946)?重松製作所(7980)?マナック(4364)?がストップ高。マスクと言えばボウボウのシキボウ(3109)?や、エボラの相場のときは3600円まであった日本エマージェンシーアシスタンス(6063)?なども巻き込み、大きなお祭り相場となっている。

それにしても、防毒マスクで外出するアホは居ないと思うんだけどな。不審者として警察に捕まってしまうだろう。

フマキラー(4998)?はアレルシャット ウイルスイオンでブロック、花粉症&PM2.5がコロナウィルスもブロックとして大幅高。ウィルス対策なんて、そんな事はどこにも書いてないだろ。たぶん貫通してしまうんじゃないか。

値上がり率1位はラオックス(8202)?。ラオックス社長、今期は「3年ぶりの黒字」 贈答品子会社が改善という日本経済新聞の記事がきっかけだ。羅社長は「ウミはほぼ出し切った」と強調。今期は人件費削減などの効果が出るという。ほんとかよ。

大日光・エンジニアリング(6635)?が今日もストップ高。

双日と提携、時価総額30億代、浮動株少ない、第3Qで既に経常利益進捗116.7%、今のところ目立たずに騰がっている、大口が寄らせて個人から集めている、あがる要素がこんなに、ホルダーの皆さん今日もおめでとう。と言われている。

2020年1月17日に日本証券新聞が、直球 大日光エンジ 車載関連拡大へと記事を書いたのが、初動になっているようだ。

KYCOMホールディングス(9685)?が謎のストップ高。各省庁が今秋をメドに基幹システムにおけるクラウド環境構築を本格化させる構えにあり、官公庁版DX関連として、ここにきて物色人気が加速した。と株探に言われており、天下の「株探」が1日天下にはさせないとホルダーの鼻息が荒い。大和コンピューター(3816)?の交代で買われたのか。

エル・ティー・エス(6560)?は2020年12月期の営業利益が前期推定比で3割増との観測報道、4年で営業利益4倍なら格安価格と言われ大幅高。

インフォメーションクリエーティブ(4769)?は「次世代LINE Hybrid」2月展示会、4月リリースといわれ大幅高。

トランザス(6696)?はシンガポール企業にセンサー連動型サイネージ2000台納品で大幅高。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)は『RealTimeMonitor? by SNS_Analysis』提供開始 として大幅高。ここはすでにSNS向けのデータ収集ツールにNetBase?を提供しているから競合してしまうのでは?

決算銘柄・PTSの値上がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1東京製鉄(5423)86061(+7.63%)5,100第3

決算銘柄・PTSの値下がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1スーパーツール(5990)2,430-162(-6.25%)1,800第3

日本経済新聞のアクセスランキング

15G全国整備へ新制度 光回線維持で負担金 24年にも、ネット利用者から月数円
2新型肺炎「人から人に感染」 WHOが緊急会合へ
3紙の通帳やめれば1000円 三菱UFJ銀行、先着10万人に
4同意なきTOB、企業の選択肢に 価値向上へ活発化 前田建設・前田道路「親子」で対立
5政府頼みのフィンテック 金融革新に感じる停滞
6エネルギーバトル 電力、代わる主役(上) 技術が変える供給網、大手介さず個人で融通
7旧村上ファンド系、東芝機械に敵対的TOB
8タンパク質危機、ハエが世界を救う? 肉・魚に頼らない
9日韓企業にサイバー攻撃 中国ハッカー集団暗躍か 三菱電、情報流出の恐れ
10(真相深層)新型肺炎、中国の情報開示に疑念 北京・広東省、韓国でも感染 春節控え混乱の芽
11コンビニ店舗数、初の減少 昨年123店少なく 新規出店抑制にかじ
12(私の履歴書)鈴木茂晴(20)提携 あうんの呼吸で歩み寄り 住友銀と合弁、出資比率60対40
13黒田総裁、海外リスク「一時より低下も水準低くない」
14日産がおそれる「ゴーン映画」シナリオの現実味
15(金融コンフィデンシャル)敵対的TOB、証券会社も動く 三田証券が台頭、大和参入 代理人業務 タブー薄れる
16(春秋)動物学者の今泉忠明さんが監修した「わけあって絶滅しました。」は、絶滅した動物たち本人がその訳を明かすユーモラスな本だ。た
17「オンラインサロン」に熱気 会員制 起業や子育て…濃密に交流
18<アメリカ発!メシ新時代>(1)マックから肉が消える日 ファストフード店で相次ぎ人工肉
19「冨嶽三十六景」デザインのパスポート、2月にも発行
20ガンダム、「実物大」動く 10月、横浜で機動 40周年で1年間展示

東洋経済オンラインのアクセスランキング

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS