株式市場

日経平均24031.35+166.79(+0.70%)
TOPIX1744.13+9.16(+0.53%)
東証二部7360.11-8.72(-0.12%)
東証マザーズ886.04-0.20(-0.02%)
ジャスダック177.09+0.78(+0.44%)

円相場

ドル円109.940000
ユーロ円121.934454

今日もアゼアス(3161)?オーミケンシ(3111)?川本産業(3604)?重松製作所(7980)?マナック(4364)?が急騰。

興研(7963)?シキボウ(3109)?日本エアーテック(6291)?日本エマージェンシーアシスタンス(6063)?などは寄り天で急落。

値上がり率1位の中京医薬品(4558)?は持ち運ぶなどしてウイルスや菌を除去する二酸化塩素を利用した除菌製品「エアーマスク」シリーズを展開と言われストップ高。

日本乾溜工業(1771)?は官公庁に対して売れてるなら、こういう時の防護服やマスクはここから買われるのか?と言われ大幅高。

神栄(3004)?は湿度センサーで世界首位!と言われ大幅高。湿度系でどうやってウイルス殺すんだよwとつっこまれている。たぶんそっちじゃなくてPM2.5の方じゃないか? 大気汚染原因の1つである「PM2.5」を測定するセンサ。もちろんコロナウィルスを計測できるんじゃないの?は無茶ぶりだが。

ジーニー(6562)?は『第4回【関西】Web&デジタルマーケティングEXPO』に初出展で一時ストップ高。IRの2020年01月01日 沈黙期間(決算発表まで)、沈黙期間なんて表現は初めて見たな。

ぱど(4833)?が大きく上がっているが証拠写真入手ーー「『ぱど』を買収した若手実業家の触れられたくない過去」という記事が出ている。

燦キャピタルマネージメント(2134)?が謎の大幅高。増資後なのに調子がいいな

スペースマーケット(4487)?は1月21日の日経産業新聞、IPO次の一手に重松CEOの記事が掲載、明日、日経CNBC12:30から社長が出演と言われ大幅高。

BuySell Technologies(7685)?がストップ高で高値更新。ご発注の可能性が指摘されている。遺品整理、店舗整理でまだまだ伸びるってそんな会社だったのか。

カルロス・ゴーンのフレンズ、サニーサイドアップグループ(2180)?が大幅高で10年来高値を更新。スポーツビジネスに強み。東京オリンピックに向けてクライマックスの盛り上がりだ。

エーアイ(4388)?が大幅高。伊藤忠テクノソリューションズが開発したAI使用のコンタクトセンター向け電話自動音声対応ソリューション「CTC-AICON」に、エーアイの音声合成AITalkが採用されたそうだ。そういえばAIの会社じゃなくて、合成ボイスの会社だったな。

小倉クラッチ(6408)?がストップ安。なんてきれいな外道クラッチなんだ! 外道クラッチとはプロレスで、四つん這いになった相手の背中に、相手の頭の方を向きながら跨り、相手の両腕をそれぞれ自分の両足に引っかける。そのまま相手の後頭部を上から押さえつけ、その勢いで前かがみになった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う技なのだが、今日のチャートはまさにそれだ。前かがみになった小倉クラッチ(6408)?の両肩をストップ安にはり付けてフォールを奪っている。

てっきり北九州の小倉にある企業と思ってましたが、小倉(オグラ)さんが創業した群馬の会社なのですね。と言われているが、紛らわしい名前だな。

決算銘柄・PTSの値上がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別

決算銘柄・PTSの値下がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1Genky DrugStores(9267)2,175-55(-2.47%)3,500第2

日本経済新聞のアクセスランキング

1習近平氏の憂鬱、「対トランプ屈服」を中国でひた隠し
2中銀発行デジタル通貨研究、日銀・欧州中銀など連携 中国・リブラに対抗
3新型肺炎、中国の患者400人超に拡大 米国でも感染例
4EVはもうからない 追いつめられたVW
5量子暗号 世界で競争激化 東芝、実用化で先陣 大容量・世界最速を実現
6エネルギーバトル 電力、代わる主役(中) 停電下ともった明かり 分散型の強み、台風で証明
7(真相深層)JDI再建 いちごの成算 投資ファンド、最大900億円出資検討
8(私の履歴書)鈴木茂晴(21)住友 「個人として反対」に激高 新会社で考え方の違い痛感
9コンビニの店舗減少、市場飽和にあらず
10東芝子会社の架空取引、別の上場2社も関与
11ビーガンが潰した酪農家の再起
12中国新興企業 進む選別 投資先、AI・クラウド集中
13弱い物価 強まる副作用 日銀、マイナス金利4年 銀行収益悪化 米欧で懐疑論も
14日欧中銀、金融政策の機能低下警戒 デジタル通貨研究
15GAFAが後追いした国産AIの雄 開発終了の深層
16(春秋)この時期、人混みでマスクをするのはマナーになった感がある。が、接客担当の従業員にマスクの着用を原則として禁じる小売業もあ
17「ポスドク」支援へ奨学金拡充・採用増 政府が総合対策
18英フィンテック、日本攻勢 銀行手数料変革迫る 国際送金や外貨両替で
192050年からの警鐘 楽観論許さぬ日本の未来
20(迫真)緊迫サイバー攻防戦(2) 狙われる電子決済

東洋経済オンラインのアクセスランキング

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS