株式市場

日経平均23319.56+234.97(+1.02%)
TOPIX1701.83+17.59(+1.04%)
東証二部7127.91+50.28(+0.71%)
東証マザーズ844.97+8.05(+0.96%)
ジャスダック169.99+1.03(+0.61%)

円相場

ドル円109.730000
ユーロ円120.692027
米国10年債利回り1.6439

地合い解析

値上がり9%以上29銘柄
値上がり6%以上62銘柄
値上がり3%以上300銘柄以上
値下がり8%以上11銘柄
値下がり6%以上26銘柄
値下がり3%以上93銘柄

値上がり率1位はコロナウィルス関連のアゼアス(3161)?

クルーズ船で日本人3人を含むコロナウィルスの感染が起きて上がった。乗組員30人以上が体調不良訴えるているそうだ。ミクロネシア政府が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、感染者が確認された日本からの直接入国を禁止にしたとの情報もある。

現在の感染者は24324人、日本人の新型コロナウィルス感染者は35人だ。規模としては狼狽する価値はないのだが14日降りられないらしい。

クルーズ船内なぜ感染拡大? 揺れる、少し狭い空間、中国渡航者を14日間隔離へ クルーズ船ターミナルも閉鎖などが言われて、豪華客船のベストワンドットコム(6577)?が急落。まさか豪華客船にそんな短所があったなんて。

日本ユピカ(7891)?がストップ高でTOB発表。さすがにあきらかなサイダーっぽいな。OBの価格まで知ってないと買えないと言われているが、それはそうだろう。全てのTOBが良心的な価格ではないからな

カーメイト(7297)?は3Q利益が通期計画を超過達成としてストップ高。ドライブレコーダーなどが売れたらしい。大雪で上げているのかと思った。

AI CROSS(4476)?が上方修正で大幅高。ービス利用用途拡大により、新規利用者数が堅調に増加したこと、併せて既存顧客の売り上げも増加したため売上高が予想を上回って進捗したことにより、前回発表の業績予想を上回る売上高、営業利益、経常利益、当期純利益を確保できる見通しとなったため、業績予想を上方修正いたしました。となっている。ちなみに2020/2/14が本決算だ。

カプコン(9697)?が決算を受けて10年来高値を更新。引き続きモンハンワールドの拡張ディスクであるアイスボーンの調子がいい他、全体的に好調だ。

大塚商会(4768)?が大幅高で高値更新。19年12月期の決算を発表、営業利益は622億円で前期比29.4%増益、600億円程度の市場予想を大幅に上回ったそうだ。PC販売台数が想定以上に増加する形というのは、学校1人1台パソコンか?

日本曹達(4041)?は決算で大幅高。建設事業においてプラント建設工事が増加・農業化学品事業において研究開発費・委託試験費が増加したものの、輸出向け販売が堅調に推移・為替レートが円高に推移・持分法による投資利益が減少だそうだ。

日本水産(1332)?は決算アク抜け上げで大幅高。

ダイトウボウ(3202)?が4日連続の値上がり1位だったのに寄らずのストップ安。アホ株といわれるもので、あったかウールの抗菌毛布ではコロナウィルスに対抗するのは中々難しいと思う。本尊は昨日のストップ高でさばいてあったのか。見事な大逃亡だった。良い最終回だったな!

決算銘柄・PTSの値上がり率

決算銘柄・PTSの値下がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1応用技術(4356)3,230-525(-13.98%)9,800本決算
2ニチコン(6996)885-116(-11.59%)2,400第3
3ザインエレクトロニクス(6769)925-115(-11.06%)2,200本決算
4アートネイチャー(7823)745-83(-10.02%)3,400第3
5エスイー(3423)306.2-33.8(-9.94%)5,600第3
6サイオス(3744)545-60(-9.92%)26,500本決算
7ケアサービス(2425)675-65(-8.78%)700第3
8メンバーズ(2130)1,751-162(-8.47%)12,000第3
9IMAGICA GROUP(6879)488.1-41.9(-7.91%)4,400第3
10ヤマシンフィルタ(6240)700-55(-7.28%)1,800第3
11GMOペパボ(3633)2,115-144(-6.37%)2,300本決算
12フジクラ(5803)402-27(-6.29%)3,600第3
13ディー・エヌ・エー(2432)1,659.9-109.1(-6.17%)12,000第3
14リンクバル(6046)378.3-24.7(-6.13%)3,200第1
15ソーシャルワイヤー(3929)1,149-67(-5.51%)400第3
16インテリジェントウェイブ(4847)771.4-40.6(-5.00%)300第2
17共和レザー(3553)750-37(-4.70%)100第3
18クレオ(9698)1,722-79(-4.39%)8,900第3
19はせがわ(8230)389-15(-3.71%)500第3
20日本新薬(4516)9,480-360(-3.66%)200第3
21スガイ化学工業(4120)1,503-42(-2.72%)10,100第3
22MS-Japan(6539)1,390-37(-2.59%)500第3
23フュートレック(2468)505-12(-2.32%)400第3
24デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)1,765-38(-2.11%)100第2
25古河電池(6937)742-16(-2.11%)1,200第3

日本経済新聞のアクセスランキング

1武漢バブルが招く国際感染 習近平体制の曖昧な反省
2新型肺炎、車生産に影響浮き彫り 現代自が工場停止 中国から部品滞る 在庫リスク、日本勢も懸念
3新型コロナ10人陽性 クルーズ船客ら、日本人は3人
4日本電産永守氏「集団体制、創業以来最大の失敗」
53メガ銀の収益力、米銀と差開く 4~12月そろって減益 資産拡大路線に転機
6スマホ決済乱立、還元競争で消耗 異変キャッシュレス(上)メルペイがオリガミ買収
7働くシニアの年金減額、22年4月から縮小 制度改正、就労を後押し
838歳ブティジェッジ氏リード 民主アイオワ党員集会
970歳現役社会へ一歩 シニア雇用、法改正案閣議決定 企業、努力義務で負担増懸念 年功型賃金見直し急務
10「勝ち組」ドンキを揺さぶる韓中ショック
11EV電池を家庭で再利用 トヨタ、蓄電に使いやすく
12サイバー被害は専用保険で 各国損保、既存補償から分離 企業、防衛策急務に
13ソニー営業益上振れ 今期見通し 画像センサー好調、前期並みに
14老いるデイトレーダー 「ブラックスワン」に逆張り鈍く
15米民主、大統領選初戦でずさん管理 トランプ氏打倒に影
16働けたのは4カ月 発達障害の僕がやり直せた理由
17(春秋)米ファストフード大手、マクドナルドが旧ソ連時
18新型肺炎専門家に聞く インフルの対策が有効 日本国内で重症例なく 舘田一博・日本感染症学会理事長
19市場、拭えぬ中国不安 新型肺炎拡大 原油、一時50ドル割れ 低金利観測、米社債利回りが最低
20ブティジェッジ氏「世代交代」訴える新星

東洋経済オンラインのアクセスランキング

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS