株式市場

日経平均22613.76+288.15(+1.29%)
TOPIX1599.08+11.40(+0.72%)
東証二部6290.93+17.61(+0.28%)
東証マザーズ1003.31-11.68(-1.15%)
ジャスダック164.12+0.05(+0.03%)

円相場

ドル円108.920000
ユーロ円122.415188
米国10年債利回り0.723
VIX恐怖指数26.13

地合い解析

値上がり9%以上39銘柄
値上がり6%以上81銘柄
値上がり3%以上290銘柄
値下がり9%以上11銘柄
値下がり6%以上27銘柄
値下がり3%以上240銘柄

値上がり率1位は、野村證券で鷹の爪団が健全な投資を推奨するほぼ全部粉飾の会社・ディー・エル・イー(3686)?がわけのわからん企業を買収して闇を深めた格好で2連ストップ高。

ルーデン・ホールディングス(1400)?がストップ高。何度か怪しい会社としていわれているが、仮想通貨絡みだ。

韓国の電池・メンブレンフィルム専門メーカーダブル・スコープ(6619)?がストップ高。ヨーロッパの自動車メーカーの多くは韓国系電池メーカーと提携してるから必然的に増える。ヨーロッパは2023年までに平均燃費をプリウス並みにもってこないと罰金があるんでこぞって各メーカーは電気に移行中。その電気の源の電池は韓国製がシェアを占めてる。と言われている。

昭和化学工業(4990)?は東京で再びコロナ感染が増え、東京アラートが発動されたことでストップ高。

シャノン(3976)?はブイキューブとオンラインセミナー実施援でサービス連携でストップ高。ブイキューブが大手企業のような扱いだが、あそこは今期までずっと赤字だったんだぞ。少しでもケチりたい家計で金払いはよくないと思う。

GMO TECH(6026)?がストップ高。わけの分からなさに成長に関するインサイダー情報が漏れているのかもしれませんね。こちらは解説求みます。と言われている。普通にウェブ集客で買われただけにしては大きく上げたな。

グローバル・リンク・マネジメント(3486)?は世界的につながるマネジメントっぽい名前なのに、土地仕入・企画・開発、分譲、建物管理、賃貸管理までをワンストップで展開する不動産ソリューション企業=略して全部やる不動産だがストップ高。不動産ファンド事業とアセットマネジメント事業に参入すると発表しており、これが好感されているらしい。

レッド・プラネット・ジャパン(3350)?がまさかのストップ高。レッド・プラネット・ジャパン、株主優待を変更!2020年6月末の優待は中止で、2020年12月末に延期となり、前回の株主優待カードは期限を半年間延長へ。決算短信に「継続企業の前提に関する注記」の記載があったことに加えて、新型コロナウイルスのおかげで、同社が運営するホテルの一部は臨時休業を余儀なくされ、営業しているところでも客足は激減。株価も新型コロナウイルスが話題になり始めてすぐに急落し、現時点では年初来高値(120円)から半減している状況なので要注意だ。とザイ・オンライン。何でストップ高だったんだ。

ズーム(6694)?が一時ストップ高。ガチで勘違いで上がってるらしい。あっちのZoomじゃないのですかとしつこく聞かれているが違う。初心者が間違って買ったと言うが本当かな。むしろ間違って買うやつがいるかも知れないから上げてみたんじゃないのか。

決算銘柄・PTSの値上がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1ウチダエスコ(4699)5,290595(+12.67%)4,800第3
2内田洋行(8057)6,620560(+9.24%)2,100第3
3ティーライフ(3172)1,26868(+5.67%)11,000第3

決算銘柄・PTSの値下がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別

日本経済新聞のアクセスランキング

1デジタル通貨と「スイカ」連携、3メガ銀・JR東など検討
2都、「東京アラート」発動 新規感染34人 夜の繁華街、警戒促す
3国またぐ移動 制限緩和 中国は日本から技術者/南欧は観光客 日本、検査体制が壁
4生産性「下がった」6割超 間違いだらけのウェブ会議
5(真相深層)人事に映るWTOの落日 事務局長、突然の辞意表明 後任選びに米中欧の思惑
6キャッシュレス手数料、開示義務 加盟店向け上限、月末終了 決済業者を選びやすく
76G攻防 韓中が先行 基地局・特許巡り主導権争い ドコモなど挽回急ぐ
8人事がみる大学イメージ、北大が総合1位 国立大上位
9コロナ第2波、緊急事態前に外出自粛要請 再指定基準の半分で、政府が知事に促す
10米デモ拡大、三重苦が招く 人種差別・コロナ・失業、しわ寄せ黒人らに
11(迫真)コロナ後の習政権(3)中国市場しか頼れない
12「東京アラート」生活への影響は? 解除はいつ?
13全米 抗議デモ続く NY市も夜間外出禁止
14生保11社、新規契約急減 海外金利が低下・税制見直し逆風
15ローン担保証券、国内保有3年半で2.7倍 コロナ禍、減損リスクも 日銀・金融庁が指摘
16(春秋)ツバメが飛び交う空の下を、子どもらが登校していく。小さな背でランドセルを揺らす姿に、日常が戻りつつあると感じる。同時に、
17国際送金 銀行の既得権崩す 英トランスファーワイズCEO クリスト・カーマン
18人事が見る大学イメージランキング 1位北大、2位横国大 国際社会での活躍重視
19伊藤忠の時価総額、初の商社トップ 三菱商事抜く
20連続最高益途切れたダイキン、それでも攻める勝算

東洋経済オンラインのアクセスランキング

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS