株式市場

日経平均21530.95-774.53(-3.47%)
TOPIX1530.78-39.90(-2.54%)
東証二部6246.35-164.83(-2.57%)
東証マザーズ958.28-40.96(-4.10%)
ジャスダック159.31-3.47(-2.13%)

円相場

ドル円107.340000
ユーロ円120.693096
米国10年債利回り0.659
VIX恐怖指数43.42

地合い解析

値上がり9%以上27銘柄
値上がり6%以上49銘柄
値上がり3%以上118銘柄
値下がり9%以上84銘柄
値下がり6%以上300銘柄以上
値下がり3%以上300銘柄以上

先物主導の大暴落。

値上がり率1位はレカムゲイン・レカム(3323)?、ストップ高。ウイルス除菌装置「ReSPR」海外7か国での独占販売権取得、海外事業の成長を加速化。クレアが動けば、新株印刷系としては黙っていられなかった感じか。

ダチョウスプレーが仲間割れ、クレアホールディングス(1757)?が大幅高。第二波警戒上げというが、だれもここのダチョウスプレーなんて使わないだろう。

建設コンサルタントのウエスコホールディングス(6091)?が決算でストップ高。PTSでも値上がり1位だった。経常は52%増益・通期計画を超過、増配5円、四国水族館の優待券を株主優待として新設。

上方修正の理由が組合に起こされていた起訴の引当金4億、うーん…。

3年前に、四国水族館(香川県宇多津町)の開発および管理運営に参画するとともに、複数水族館の事業を展開する企業としての成長を目指します。として、水族館事業に特化した新会社である「株式会社アクアメント」を設立している。

四国水族館って聞かない名前だと思ったら、今年開館したみたいだ。コロナで会館が延期になっていたとなってる。神無月の景でアカシュモクザメの群れを巨大な丸窓から見上げるようにして眺めることができる展示しているのが目玉らしく、マスコットキャラクターがシュモクザメの『しゅこくん』だそうだ。

SKIYAKI(3995)?がサプライズ決算で寄らずのストップ高。21年1月期第1四半期(2-4月)の連結経常利益は前年同期比2.0倍の3600万円に急拡大だそうだ。ファンクラブなのにコロナでも好調だったんだな。

SIG(4386)?がストップ高。社会構造の変化で、テレワーク、リモート勤務が主流となり、同社のセキュリティシステムが注目されます。と言われているが、むしろなぜ急にこの会社だけと思う。システム開発会社。官公庁向け給与システムに強みということで、コロナ対策10万円給付で買われてるのかもしれない?

JMACS(5817)?が4連ストップ高。JMACSが連日急伸、アスカネットの製品を用いた非接触サイネージシステム「ナディス」に注目集中と日本インタビュ新聞。アスカネット(2438)?も出遅れで大きく上がった。

HENNGE(4475)?がストップ高で上場来高値。モルガンのショートカバー、空売りの買い戻しと言われている。マザーズ時価総額上位銘柄だから買われているのかもしれない。今日はなんだかローマ字の大文字の社名ばかり人気だ。

NKKスイッチズ(6943)?が地味に連続ストップ高。産業用小型スイッチの専業大手。特にトグルスイッチに強い。非接触端末が人気になる中で原点回帰しちゃったな。2020/6/11本決算から上げだした。アジア事業黒字化が良かったようだ。

エイチーム(3662)?が大幅高。新CGゲームの発表が近々リリースされそうですね♪と書かれているのでなんかあったのかと思ったら、新作『初音ミク-TAP WONDER-(ミクたぷ)』をまもなく全世界でリリース、事前登録開始だそうだ。

オーエムツーネットワーク(7614)?が一時ストップ高。<JQ>オーエムツーが一時ストップ高 2~4月期営業益は78%増:日本経済新聞。決算が日本経済新聞でピックアップされてしまったか。

スクロール(8005)?は生協向け通販伸び5月の月次が良好から大幅高で高値更新。

オウケイウェイヴ(3808)?が一時ストップ安。オウケイウェイヴ、テレワークの導入・定着を支援する「テレワーク・トータルサポートパック」を提供開始で上げていた銘柄。コロナ第二波のショックで特需前に力尽きる。今日 寄ってから、9時10分ごろに軽く特売りがあったんですよ。場中の「連」とか「特売り」は下落するっていうセオリーがあるんだけど、ホントですね。13時台でも特売りがあったんだわ。と言われているが、そんなセオリーは聞いたことがないな。

決算銘柄・PTSの値上がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1システムディ(3804)1,45082(+5.99%)6,600第2
2アークランドサカモト(9842)1,668.264.2(+4.00%)2,900第1

決算銘柄・PTSの値下がり率

順位銘柄名株価前日比上昇率出来高決算種別
1パーク24(4666)1,699-285(-14.36%)55,500第2
2global bridge HOLDINGS(6557)2,080-198(-8.69%)6,300第1
3土屋ホールディングス(1840)131-12(-8.39%)6,400第2
4ウェッジホールディングス(2388)113.9-10.1(-8.15%)34,100第2
5ウインテスト(6721)167-10(-5.65%)41,700第3
6セルソース(4880)9,680-330(-3.30%)1,000第2
7クロスプラス(3320)501-16(-3.09%)900第1

日本経済新聞のアクセスランキング

東洋経済オンラインのアクセスランキング

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS