株式市場

日経平均22259.79-274.53(-1.22%)
TOPIX1561.85-18.65(-1.18%)
東証二部6659.42-13.43(-0.20%)
東証マザーズ1055.75-4.57(-0.43%)
ジャスダック165.97-0.79(-0.47%)

円相場

ドル円107.180000
ユーロ円120.266678
米国10年債利回り0.674
VIX恐怖指数32.64

地合い解析

値上がり9%以上29銘柄
値上がり6%以上52銘柄
値上がり3%以上132銘柄
値下がり9%以上11銘柄
値下がり6%以上41銘柄
値下がり3%以上300銘柄以上

値上がり1位はフルッタフルッタ(2586)?。引け後に債務超過解消による猶予期間の解除に関するお知らせ。サイダー筋の仕掛けだったのか。

窪田製薬ホールディングス(4596)?はSBIグループのナンピンで2日連続ストップ高。

理由不明でGMOグループ5銘柄がストップ高。

JESCOホールディングス(1434)?は理由不明でストップ高。日証金に貸株の痕跡がある程度だ。

アマガサ(3070)?は株主優待制度を拡充すると発表している。従来の自社運営ECサイトに掲載した商品からの選択に加え、株主限定のオリジナルトートバックを贈呈でストップ高。大赤字のボロ株の株主だと外で知られたい人いるのか?

決算銘柄・PTSの値上がり率

決算銘柄・PTSの値下がり率

日本経済新聞のアクセスランキング

1NTT、5G網で国内連合 NECに600億円出資 ファーウェイに対抗軸
2運輸・小売り、今期1割減収で赤字 危機に弱く 損益分岐点分析
3ソフトバンクG孫氏「7、8年は元気に続ける」 株主総会
4「職場クラスター」も発生 東京の感染経路拡散に警戒
5米、コロナ再拡大期 経済優先の危うさ露呈 再生産数、26州で1超 新規感染、ピーク迫る
6世界の損失、2年で1300兆円 IMF試算 今年マイナス4.9%成長
7都内、新たに55人感染 緊急事態解除後で最多 新型コロナ
8「在宅勤務率」の落とし穴 社員に不便を強いるだけ?
9(真相深層)つぎはぎIT、厚労省迷走 コロナ禍、既存の有事システム機能せず クラウド敬遠で二重投資に
10(Deep Insight)「お店」は文化か経済か
11世界経済 第2波なら21年ゼロ成長 IMF予測コロナで下方修正 日本は20年5.8%減見通し
12(春秋)日清戦争のときに外務大臣だった陸奥宗光は、引退後に療養生活を続けながら口述筆記で回想をまとめた。明治外交の裏側を、リアル
13独ワイヤーカードが破産申請 不正会計で債務超過
14オリンパス、映像事業を売却へ 投資ファンドに
15銀行アパートローン 退潮 審査厳しく貸出残高減、レオパレス業績悪化も影
16日英通商、スピード交渉 数カ月で妥結めざす 来年1月発効念頭 デジタル貿易、企業の自由度高く
17(きょうのことば)損益分岐点比率 増収やコスト減で比率低下
18(迫真)民が導く宇宙開発(4) 「本物だけが生き残る」
19米有力VCセコイアが日本参入 デジタル技術に照準
20ペイペイ、みずほと融資・証券 「スーパーアプリ」狙う グループ内での競合 課題に

東洋経済オンラインのアクセスランキング

株探のアクセスランキング

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS