株式市場

日経平均20366.48-24.18(-0.12%)
TOPIX1476.72-3.90(-0.26%)
東証二部5840.51+12.97(+0.22%)
東証マザーズ833.74+0.62(+0.07%)
ジャスダック151.67+0.36(+0.24%)

円相場

ドル円107.610000
ユーロ円116.369454
米国10年債利回り0.695
VIX恐怖指数28.18

地合い解析

値上がり9%以上57銘柄
値上がり6%以上121銘柄
値上がり3%以上300銘柄以上
値下がり9%以上21銘柄
値下がり6%以上51銘柄
値下がり3%以上300銘柄以上

トヨタ、今期営業利益予想79.5%減の5000億円。優等生すら地に落ちた今年は相当クソ決算でも許されるかもな。

値上がり率1位は大赤字のコンデンサー松尾電機(6969)?。前期経常を2.1倍上方修正・・・ついにやったかに見せかけて、最終損益は従来予想の1億2000万円の赤字から1億9300万円の赤字(前の期は6億4700万円の赤字)に下方修正。やっぱり赤字拡大じゃん。

アイ・ピー・エス(4335)?が一時ストップ高。AI関連企業と言われているがAIではなく、SAP ERPで2025年の崖関連だと思われる。DX関連をAIに含んではIT企業ぜんぶAI関連とも言うことができるのではないか。

中国カメラ半導体テックポイント(6697)?がのストップ高、第1四半期の黒字転換、通期はコロナで未定。売上高の伸びがいいのかもな。

ダイトーケミックス(4366)?が3連ストップ高。東洋合成と同様に半導体関連で玉が集められていたところに、このアビガンの材料、予想外の展開になる可能性もあると言われている。2020/5/11 本決算って減益じゃん、2連ストップ高で上げに上げたハードルに見合った決算だとは思い難いが・・・。

ヒップ(2136)?がストップ高。前期経常は11%増で2期連続最高益・1-3月期(4Q)経常は2.1倍増益、今期業績は非開示。補足資料2020年3月期 決算概要2前期に比べ稼働率の上昇が緩やかであることや、稼働工数の減少など、業績下押し要因はあったものの、技術者数及び稼働人員の増加や技術料金が前期を上回ったことで、前期比増収増益を達成だそうだ。

ウイルテック(7087)?が一時ストップ高。前期経常は25%増で2期ぶり最高益、今期業績は非開示、前期配当を0.2円増額。ストップ高の決算とは思えないが、コロナ禍の中で多めにみたか。

フレアス(7062)?が一時ストップ高。マッサージ、いよっコロナ三密、高齢者向けのど真ん中、コロナの前から上場ゴール。いよっ決算延期。三暗対々和四暗単騎大三元、一見するとやばいが、よく見るとトリプル役満やばいような銘柄だが、コロナ収束期待?

同じくストップ高のエスエルディー(3223)?、関東で和風創作料理、ポケモンカフェも。コロナ収束期待? アスモ(2654)?、給食事業が主力。食肉卸、外食事業も。コロナ収束期待?

GMOアドパートナーズ(4784)?がストップ高。決算が良かった。引き続きネット広告系が好調だな。

テラ(2191)?がストップ安。新型コロナ治療薬開発をド派手にぶち上げたテラ、鳩山由紀夫とバラク・オバマと裏社会出身者から冷水と市況かぶ全力2階建。最近「Hatoyama Construction Group」と称して、私の名前を悪用し海外投資を勧める詐欺商法が出回っているようです。私には、過去も現在もこれからも一切関わりがないと申し上げておきます。万が一何かお心当たりがあれば、これは正真正銘『詐欺』です。くれぐれもお気をつけ下さい。と鳩山由紀夫がツィートして特売りに。Hatoyama Construction Group、検索しても出てこないな、相場解体のサインだったのか?

日本経済新聞のアクセスランキング

1医療品、海外依存高く 人工呼吸器9割 感染爆発、備えに不安 国産化へ400社超協力
2安全確保にもがく企業 「非接触」が新標準に コロナ出口は見えるか(5)
3トヨタ、今期営業益8割減 「国内生産300万台を死守」
4Zoomだけではない、コロナが映すビジネス新景
5中国、入国制限緩和探る 日本に打診、「陰性」が条件
6乳幼児難病薬「ゾルゲンスマ」 1.6~1.7億円で調整
7トヨタ、過去最大の打撃回避へ リーマン危機時の教訓
8物流、世界で停滞 海運・航空の輸送能力3割減も
9外出緩和、世界各地で 飲食や観光なお制約 英、製造や建設 仏は40万社・店舗
10三菱UFJが「コロナ債」 600億円、中小融資に活用
11G20、4月入学は日印のみ 留学や大学競争力にも影響 米欧・中国などとズレ
12外貨建て保険急ブレーキ 窓販、1~3月4割減 海外の金利低下打撃
13伊藤忠、稼ぐ力が三菱商事に肉薄 コロナ禍で競う盟主
14正社員って何だろう(3)りそなが崩した「正規」の壁 社員区分、事情に合わせ転換 手当も見直し
15中国、5Gシェア7割へ 通信3社、今年投資4倍超 米欧、コロナで足踏み
16(春秋)「われわれの文明は、印刷された書式の魔力にとらわれている」。「マネジメントの発明者」といわれるピーター・ドラッカー氏は、
17三菱重の前期、20年ぶり赤字 航空・車部品振るわず
18(Deep Insight)米中、新たな冷戦の淵に
19中国新車販売、4月4.4%増 22カ月ぶりプラス 政府支援、背景に
209月入学、知事の6割「賛成」 グローバル化進展期待

東洋経済オンラインのアクセスランキング

[ ↑Scroll Back to Top↑ ]

[ 編集 | 凍結 ]   [ 差分 | 一覧 | 単語検索 |   最終更新のRSS